抜け毛の原因にも!? 冬こそ見直したい「頭皮の乾燥」対策5つ

by

美容・健康

ヘアケア, 美容, 生活

空気が乾燥する季節です。肌荒れなどのトラブルに悩まされている方も多いでしょう。

手や顔などの目につきやすいパーツに意識が向きがちですが、頭皮も影響を受けます。最近は女性でも抜け毛に悩まされている人が多く、頭皮の乾燥は、その原因にもなるので注意が必要です。

今回は、看護師の大木アンヌさんに、“冬だからこそ見直したい頭皮の乾燥対策”についてお聞きしました。

 

■1:シャワーは熱くしすぎない

「お風呂に入る際、寒くなると、どうしてもシャワーの温度を高めに設定してしまいます。食後に食器を洗うとわかると思いますが、熱い湯で流したほうが油分が取れやすいですよね。それは頭皮も同じ。熱い湯を使用すると皮脂が流れてしまうんです。

すると、乾燥しやすくなります。冬でも湯船に浸からずシャワーで済ます方も多いですが、そういう方によく見られるケースです」

 

■2:シャンプーの洗浄力はほどほどに

「洗浄力の強いシャンプーを使うと、頭がスッキリして爽快感が得られます。しかし、それは皮脂を取りすぎてしまっている可能性があります。

こうしたシャンプーは、硫酸系と呼ばれる成分を配合している場合が多いです。スーパーや薬局などに売っている、比較的価格の安いシャンプーにありがち。値段は少し上がりますが、頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーを使ったほうが安心です」

 

■3:ドライヤーを多用しない

「寒い日は、お風呂上がりの濡れた髪を早く乾かすために、ドライヤーを多用します。しかしこれも、頭皮を傷める原因になります。短時間で済まそうと、頭に近づけて熱風をあてれば、頭皮に悪いのは当然です。ドライヤーはなるべく離して使ったほうがいいでしょう。

では、自然乾燥がいいかといえば、そうとも言えません。濡れた頭皮は、雑菌が繁殖しやすい状態です。まず、タオルでよく水分を拭き取ってから、ドライヤーをかけるようにすると効率よく乾かせます」

 

■4:冬こそ頭皮のマッサージを

「冬はどうしても運動する機会が減ります。それに、寒さで血管が収縮するため、血行が悪くなりがち。それは頭皮にも悪影響を及ぼします。血行が悪くなることで新陳代謝が低下し、皮脂の分泌量も低下。するとやはり、頭皮も乾燥しやすくなります。

運動することが一番の解決策ですが、“なかなか難しい”という人は、せめて頭皮だけでもマッサージをして血行を促しましょう。指の平で頭皮を傷つけないよう、もみほぐすような感じでおこなってください」

 

■5:冬の紫外線にも注意

「夏の紫外線には注意して対策をとっても、冬はおろそかにしがちです。でも、冬にも紫外線は降り注いでいます。

皮膚にはバリア機能というものがあり、皮脂が紫外線から肌を守ってくれます。それは頭皮も同じです。適度な皮脂によって、頭皮も守られます。この機能を維持するためには、上記の点に注意して、頭皮環境を整えておくことが大事です」

 

以上、冬だからこそ見直したい頭皮の乾燥対策についてでしたが、いかがでしょうか?

薄くなったと感じてからでは遅いので、早いうちから対策をとるようにしましょう。

 

【関連記事】

※ 毎日シャンプーは間違い!? 忙し女子の「ツヤ髪を台無しにする」NG習慣

※ えっ…コンディショナー先が正解!? 「髪こそエイジング対策」手軽ケア3つ

※ ヤバッ…悲劇すぎる!「タバコで女子力劣化」がドカンと進む5つのパーツ

※ あなたも?アレに悩む働く女性の51%が「誰にも相談できない」と判明

※ アッ今かも!忙しい女性が「髪をバッサリ切るべき」タイミング3つ

 

【取材協力】

※ 大木アンヌ・・・ルーマニア人ハーフの看護師。家庭や恋人同士で使える簡単な医療の知識を少しでも伝えていくため、ライターとしても活動中。

 

【画像】

※ xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧