同僚に引かれない!若づくりじゃないけど「若く見えるメイク」の秘訣3つ

by

美容・健康

メイク, テクニック, アンチエイジング

女性なら誰しも、老け見えよりも若見えを狙いたいのが本音ではないでしょうか?

とはいえ、若見えを狙いすぎのメイクは、ひとつ間違えるだけで若づくりっぽくも見えてしまうから、要注意です。オフィスはもちろん、通勤途中の電車内などで「あの人、若づくりしすぎ!」なんて思われていたら恥ずかしいですよね。

若見えと若づくりのメイクは、似て非なるもの。ちょっとしたパーツを意識するだけで、自然な若見えを狙えます。

今回は、時短美容家の筆者が、若づくりじゃなく若く見えるメイクのコツを3つご紹介していきましょう。ぜひ、毎日のオフィスメイクの参考にしてみてください。

 

■1 :肌はナチュラルな色味でツヤ感重視に仕上げる

ファンデーションはメイクの基本ですが、肌の質感によって若く見えたり老けて見えたりと印象は左右されます。

作り込みすぎた肌は、どんなに美しい仕上がりでも老け見えの原因になることがありますし、ノッペリとした印象が、わたし“がんばってます”的な若づくり印象にもなりやすいのです。

若く見える肌づくりの鉄則は、第一に質感。ナチュラルな色味を選び、みずみずしいツヤ感を演出するのが若々しい肌の条件です。

そして、白浮きや乾燥、わざとらしい作り込みはNGです。

メイクの仕上げにミスト化粧水を使うと、手軽にツヤ感をプラスできます。デスクの引き出しにも忍ばせておくと、乾燥が気になる季節でも潤いを手軽にチャージできますよ。

 

■2: ナチュラルなのに自然なまつ毛にシフト

まつ毛は目元だけでなく、顔全体の印象を左右する重要なパーツ。したがって、まつ毛の印象を変えるだけで、老け見えにも若見えにも若づくりにもなってしまうのです!

今のトレンドは、ナチュラルだけれど豊かなまつ毛。少し前に流行ったボリューム重視のバサバサまつ毛は、盛り過ぎで若づくり感が強すぎます。バサバサのボリュームまつ毛イコールギャルっぽいイメージもありますものね。 一方、スカスカなまつ毛は老け見えの代名詞ですので気をつけて。

マスカラを塗る際には、薄づきで重ねボリュームを出しすぎないように仕上げます。

まつ毛エクステの太さは0.2だと濃すぎるので、0.1から0.15でオーダーし、ナチュラルを意識してみて。長さも不自然になりすぎないよう、7ミリから9ミリにして本数を重視してみてください。

トレンドはナチュラルな目元なので、ボリュームも長さも少しだけ引き算すると、若見えを演出できます。

 

■3:シワをカバーしてツヤ感のあるリップに

シワが目立つ唇は、それだけで老け見えの原因。また、ギトギトのぷっくりリップは年齢によっては過剰な若づくりをしている印象を与えやすいものです。

自然な若見えを狙えるのは、ほどよくシワをカバーし潤いに満ちたリップ。乾燥している唇は、ガサガサな唇は不潔な印象を与えるリスクもあるのでとくに注意をし、潤いをキープしましょう。

最近ではボリュームを出しすぎると古くさいので、気をつけてください。濃い色の口紅を塗るときには、ライナーが目立ちすぎるだけでも老け見えするので、今のトレンドを意識してナチュラルに仕上げましょう。

 

以上、若見えするメイクのコツでしたが、いかがでしょうか?

若づくりを狙いすぎても滑稽な印象になりますし、実年齢より老けて見えるのも困りますよね。オフィスで「うわ〜。あの人、若づくりしすぎ!」なんて思われるのは、なんとしても避けたいものです。

ほどよく若々しさを演出するテクニックを覚えておけば、若づくりではない若見えを狙うことが可能です。少し前に大流行したメイクのままでは垢抜けない顔になりますから、トレンドを適度に取り入れつつ、若く見える仕上がりを意識してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ やめた人からヒップアップ!「垂れ尻」を作るオフィスのNG習慣3つ

※ 4人に1人が!? 会社に「勝負下着」を着ていく理由…1位は意外なメリット

※ 実は…!生理中に女子が「お風呂でコッソリ」やっていること4つ

※ 30日チャレンジならどっち?「スクワットorプランク」ダイエット効果が高いのは…

※ 2位は体型キープよりも!「いつまでも若い人」認定される秘訣1位は

ピックアップ記事一覧