視界も心も清く美しく!「運気が上がる紅葉狩り」スポット3選

by

暮らし

休日, イベント, オススメ

秋も深まり、今年もあと1ヶ月と少し。

残りの日々をより幸せにするために、“紅葉狩り”に出かけてみませんか?

今回は、静岡県伊豆在住の筆者が、紅葉狩りついでに運を上げることのできる、都心からも近いパワースポットをご紹介します。

 

■歴史上の人物がお参りでき、乗り物も楽しい……箱根

紅葉がキレイな場所の条件として、朝晩と日中の気温差が挙げられます。

平地より、高い所の方が気温差があり、都心からも近い“箱根”は山地のため、紅葉が美しいスポット。ケーブルカーやロープウェイから、紅葉を下に眺めることもできます。

箱根は東海道では重要な“山越え”の場所だったので、歴史的人物も訪れていました。

源頼朝、徳川家康も参拝したという“箱根神社”は、心願成就の神さま。勝負の神としても名高いですが、安産祈願、家内安全など、多くの人が訪れるパワースポットです。

境内九頭龍神社新宮にある“龍神水舎”の水は、口をすすぐと、不浄を洗い清めてくれるといわれています。ペットボトルに入れて持ち帰れば、さらなる運気アップが期待できるかも!?

木々に囲まれた九頭龍神社本宮は、縁結びの場所としても有名。水の神様なので、開運、金運にも御利益大。

毎月13日の月次祭では、初穂料を払うと、参拝者ひとりひとりのご祈祷をしてもらえます。

箱根神社、九頭龍神社、両社参りをすれば、運気が向上するかもしれません。

 

■梅と紅葉が一緒に楽しめる……熱海

温暖な気候の熱海は、日本でもっとも遅い紅葉スポット。

11月下旬から、12月にかけて色づく紅葉と一緒に、早咲きの梅もいっしょに楽しめる“熱海梅園”は、もみじのライトアップも開催。

熱海を見守る御神木のある“來宮神社”は、健康運のパワースポットとしても有名。国の天然記念物、樹齢約2,000年以上の大楠の御神木を一回りすると、一年寿命が延びるともいわれているのです。

伊豆の地名発祥地の“伊豆山神社”は、縁結びの神様。源頼朝と北条政子が結ばれた場所でもあるので、強い結びつきをお願いできるかも。徳川家康も参拝したともいわれています。

12/4・12/11・12/18(いずれも日曜日)は、熱海海上花火大会も開催。

澄み渡る冬空に開く花火は、山に囲まれたすり鉢状の地形のため、音響効果が上がり、大音響の迫力も楽しめますよ。

 

■菊や食べ物のお楽しみも! 水辺の街……三島

東海道新幹線の駅でもある三島駅、南口目の前にある“楽寿園”は、街中にある、隠れた紅葉スポット。

11月中は“菊まつり”が開催。来年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』の舞台でもある、“浜松城”原寸大が、菊で彩られています。

19日は市内でフードフェスティバルが開催され、おいしいモノが各所で味わえますよ。

普段公開されていない登録有形文化財“梅御殿”でも、イベントを開催。縁側から眺める紅葉は、絵葉書のような美しさです。

市内には、富士山の湧水“源平衛川”が流れており、水辺や路地を歩くお楽しみも。徒歩10分ほど先にある“三嶋大社”は、伊豆国の一ノ宮。商売繁盛の神さまでもあり、源頼朝が挙兵し、祈願を寄せ、勝利したことでも有名です。

境内にある、金木犀の木は樹齢1200年を越える、天然記念物。地面に届くほど垂れている枝先は、参拝者の心を癒し、邪念を取り去ってくれますよ。

 

以上、都心から近い紅葉狩りとパワースポットでしたが、いかがでしょうか?

3ヶ所とも、電車で行くことができる場所なので、行き帰りは楽々です。今年はぜひ、紅葉狩りを楽しんでみては?

 

【関連記事】

関係の発展より…男性が密かに「デートで期待していること」1位は?

人気急上昇!世界の人が「観光したい国」1位アメリカ、2位は 意外にも…

ここなら行ける!女性ひとりでも「休日を楽しく過ごせる」おでかけプラン3つ

都心から2時間以内!働き女子を癒やす「関東日帰り温泉」人気3スポット

えっタダ!? 働く女子を癒やす「東京お出かけ無料スポット」3選

 

【参考】

箱根芦ノ湖の特集ページ – 芦ノ湖温泉旅館組合

あたみニュース – 熱海市観光協会 公式観光サイト

歴史と水の国 三島 – 一般社団法人 三島観光協会

 

【画像】

※ GIRLY DROP

ピックアップ記事一覧