来年こそ…!「新しい自分を発見」できるブログの始め方

by

暮らし

ネット, パソコン, ビジネススキル

以前、『BizLady』で「これを知れば続けられる!“ブログ”を書くと人生が豊かになる理由2つ」をご紹介しましたが、その後、ブログを始められた方はいらっしゃるでしょうか。

「やってみたいけど何から始めたらよいのかわからない」という方のために、今回は具体的な進め方をお伝えしたいと思います。

 

■ブログで発信することを決める

誰にでも、自分が得意なこと、人に伝えたいこと、自分が人の役に立てることなどがあるものです。

日々の暮らしを綴るのもよいですが、何かしら“核となる目的”があるほうが書きやすいですし、書いている意義が感じられ、継続しやすいでしょう。

たとえば本を読むのが好きな人なら、本の紹介や感想、英語の勉強をしている人なら“今日学んだ表現”や“今トライしている教材”などの紹介、旅行好きの人なら“旅行の計画”や“訪れた土地の紹介”などが書けるでしょう。

「自分のことなんて誰が興味を持って読んでくれるだろう」と思われるかもしれませんが、同じようなことに興味を持っている人、取り組んでいる人にとっては仲間が見つかることは嬉しいことですし、ブログを通して情報交換をすることにもなるのです。

 

■なかなかブログを書き始められない人は形式を決めてしまう

いざ書こうとしても、「何から書こう……」と考えこんでしまい、なかなか最初のブログがかけないという人もいるかもしれません。

そんな方は、“何を書くか”というフォーマットまで決めてしまうのがお勧めです。

例えば旅についてのブログであれば、以下のように項目を決め、毎回そのことについてまとめていくというようにすればよいでしょう。

(1)今回の目的地を決めた理由・その土地の情報

(2)持ち物一式・交通手段など、準備にかかわること

(3)現地レポート

(4)今回かかった費用一覧・交通ルート

 

■ランチや休日の様子など、“核”とは少し外れる内容もOK

“英語の勉強について”、“旅について”などとテーマを決めたからといって、それ以外のことを書いてはいけないというわけではありません。“偶然見つけた落ち着けるカフェの紹介”や、“友人と週末に訪れたイベント”のことなどもよいでしょう。

ブログはたいてい“カテゴリー”を作ることができますので、メインのカテゴリーとは別に、“日々の日記”などというカテゴリーにわけておけばよいでしょう。

もし“カフェの紹介”が多くなるようなら、“おすすめのカフェ”というカテゴリーをあとで追加してもいいかもしれません。

とにかく何を書いてもいいので、気を張らずに書き始めてみましょう。上記のようにカテゴリーわけをしておけば、あとで見返すときに便利ですのでお勧めです。

 

■“ブログを読んでくれる人”を意識すること

「これは自分の日記。メモと同じような感覚で備忘録として書くのだ」と決め、普通の日記のように書くのもよいですが、せっかくなので“誰かに伝える”という視点を持ってみれば、新しい可能性が見出せます。

ほかの人が読んで読みやすい文章になっているか、どんな情報を発信すれば誰かの役に立てそうかなどという視点を大切にすれば、いずれホームページなどを作って正式な情報サイトとして立ち上げることもできるかもしれません。

 

以上、ブログの始め方でしたが、いかがでしょうか。

ブログを始めることで新しい世界が開ける可能性があります。

気軽に自分の趣味などを発信してみましょう!

 

【関連記事】

※ 叶姉妹の名言に学ぶ!どんな時も「ブレずに生きる」方法2つ

※ いつか振られる…?「今の幸せが不安」になった時に思い出すべきこと3つ

もう…仕事イヤ!「何もかもうまくいかない時」にやるべきこと4つ

※ 3位は5時間!「ビジネスパーソンの睡眠時間」4割の人が占めた1位は

※ 「人と同じルートから降りるとラクになる」紫原明子が語る女性の生き方

 

【画像】

※ Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧