いやされる~!寒い日に喜ばれる職場への「あったか差し入れ」4選

by

職場

出世, 気配り, 職場

職場の窓から外をのぞくと、厚着をして足早に通りすぎていく人の姿が目に入ります。見ただけで、寒さが伝わってくる光景です。

室内は温かいとはいえ、この時期に冷たいものを食べたいとは思いません。心もカラダも温まるものが欲しくなります。差し入れも、そんなものだと嬉しいですよね。

今回は、仕事上さまざまな職種の方と関わる機会の多い筆者が聞いた、寒い日に喜ばれる温かい差し入れをご紹介します。

 

■1:“缶コーヒー”ならカイロ代わりに

カフェなどのちょっとオシャレな飲みものもいいですが、冬場はホットの缶コーヒーがありがたいと言います。なぜなら、ポケットに入れておくとカイロ代わりになるから。営業で外回りに行く男性などはそういった意見が多いです。

それに冷たくなったら温め直すこともできるし、ちょっと室内が暑いと感じたら冷えたまま飲んでもいい。缶コーヒーは使い勝手がいいんです。もっと言うなら、ペットボトルであればフタをしておけば持ち歩けるので、さらに便利ですね。

 

■2:“肉まん”で可愛らしさもアピール

この時期、コンビニに行くと気になるのが、レジ横に並ぶ中華まんです。肉まんにあんまん、カレーまんにピザまんと種類も豊富。買うつもりはなかったのに、つい注文してしまうことがあります。その感じで、職場にも差し入れとして持って行きましょう。

どうしても食べたくなって買ってしまったと言えば可愛らしく思え、イメージアップにもつながります。いろんな種類の中華まんに、みんなどれを選ぶか迷うでしょう。ただ、時間が経つとフワフワ感がなくなって味が落ちるので、買うなら職場から近い場所がいいですね。

 

■3:“チョコレート”なら疲れも癒える

寒い日に、チョコレートなどの甘いものが欲しくなるという人は多いです。カラダを温めるためにはエネルギーが必要なので、素早くエネルギーに変換できる食べものだからかもしれません。

チョコレートは、この時期なら溶ける心配がありません。ポケットに入れておいて、小腹が空いたときなどに食べることもできます。また、仕事が忙しいときの疲労回復にも効果があるので、持っていると重宝します。ふとしたときに嬉しさを感じる差し入れです。

 

■4:“焼き芋”で季節を感じる

冬の風物詩とも言える焼き芋。でも、食べたいと思ったときに売っていなかったり、ひとりぶんだと思うと買うのをためらってしまったり、タイミングが難しい。そのぶん、差し入れでもらうと喜びもひとしおです。

半分に割ったときに沸き上がる湯気や漂う香り、鮮やかな黄金色に季節を感じてほっこり和む。食べれば自然と顔もほころびます。もちろんカラダも温まる。疲れていても、もうひと頑張りできそう。とても気の利いた差し入れです。

 

以上、寒い日に喜ばれる温かい差し入れを紹介しましたが、いかがでしょうか?

寒い日ほど、人の心の温かさが身にしみます。こうした差し入れをただ目の前に広げるのではなく、「お疲れさまです」とひと言添えて、ひとりずつ手渡しするとさらに好感度もアップ。職場での存在感のアピールにもなるので、配慮ある差し入れを届けましょう。

 

【関連記事】

※ おっいい子だな…!職場男子が「残業時にグッとくる」女子の気遣い3つ

※ 評価アゲアゲ!忙しい時に職場のみんなが喜ぶ「ナイスな差し入れ」4つ

※ 高級メーカーを超えた!「取引先への定番土産」トップ3が判明

※ オフィス飲み会に最適!外資系秘書が惚れる「都内ケータリング」3選

※ どうせ食べるならコレ!お腹満足で美しくなれる「仕事中おやつ」4選

ピックアップ記事一覧