目を瞑って決断しても…「結婚を後悔する」リスクの高いテーマ1位が深刻

by

恋愛・結婚

結婚生活, 結婚, 退職

今付き合っているカレシと結婚するべきか、あるいはこのままお付き合いを続けて恋人の関係をキープしていくか……と、密かにモヤモヤを抱えている女性もいるのではないでしょうか。

女性にとって“結婚”はライフステージの大きな変化になりやすく、寿退社や妊娠・出産による時短勤務など環境を変えるキッカケになりやすいのも事実。その時は「これでいい」と思っても、のちのち後悔する人生になってしまう事態は避けたいものですよね。

だからこそ、結婚をすべきか恋人でいるほうがいいのかは、仕事をしている女性ほど気になるテーマになりがちです。

今回は、『BizLady』が女性500名に実施したアンケート調査をもとに、結婚を決断しても後悔する人生を歩みがちなテーマのトップ3をご紹介しましょう。

 

■同率3位:彼の「マザコン気質」

「あなた本人あるいはあなたの周囲の結婚している女性が、“夫となった相手男性のココに目を瞑って結婚したのを、今となって後悔している”という気持ちや話題になったテーマに当てはまるものを、すべて選んでください(複数回答可)」と、「結婚後は改善するだろうと見込んでも改善しなかった」あるいは「悪化した」というものを含めて調査。

すると、7.4%が選び3位になっていたテーマは二つで、一つ目は「マザコン気質」でした。

マザコンタイプの男性は、結婚後に妻よりも母親を優先することが多く、女性が孤独感を抱きやすい特徴が。

「結婚すれば、マザコンは治るはず!」と期待しても、改善どころか悪化するパターンもあるだけに、目を瞑るべきではないテーマです。

 

■同率3位:いちいち落ち込むことになりそうな「言葉がキツい」

また、同じく7.4%が選び同率で3位になっていたテーマは「言葉がキツい」です。

話し方の癖として、キツい口調をする彼だと、結婚後には遠慮がなくなってさらにキツい言葉を浴びせてくるリスクがあります。

夫の言葉がキツいと、「私って、モラハラ被害者?」なんて思いも抱きやすく、結婚生活でも落ち込むことが多くなるのではないでしょうか。

 

■2位:結婚とお金は切っても切れない関係……「夫のほうが低収入」

続いて、同質問に対して7.8%が選び2位になっていたテーマは「夫のほうが低収入」でした。

結婚を決めた当初は「愛があればお金はいらない!」「私が稼ぐから大丈夫!」と思っていても、いざ結婚生活が進んでいくと、「どうして彼の稼ぎは増えないのかしら」「私が養っているのに、夫はなんであんな偉そうに話すのかしら」などと不満に繋がっていきやすいものです。

結婚生活はどうしても、家計を担っている立場のほうが強くなりやすい傾向があるので、このテーマは意外と深刻になりがちです。

 

■1位:結婚すれば家族だからこそ溝が深まる「姑の性格」

そして、同質問に対して8.8%が選び1位になっていたのは「姑の性格」です。

交際中あるいは婚約期間中に、姑の性格について違和感を抱くならば、結婚生活が進んでいくにつれ溝が深まっていくリスクが潜みます。

夫は選べても姑は選べないだけに、「ん? ちょっと性格に難ありかも?」と感じる姑がいる家には、嫁がないのが最善の策。姑のせいで夫婦が壊れた……という話も、決して珍しくありません。

とはいえ、彼のことが好きだと目を瞑りがちなテーマでもあります。

 

以上、目を瞑って結婚を決断しても後悔する人生を歩みがちなテーマでしたが、いかがでしょうか?

彼との結婚を決めるときにこれらのテーマがあるなら、早まらないほうが賢明かもしれません。結婚生活は「好き!」だけでは成り立たない部分も出てきて当然ですから、あとあと後悔する決断だけは避けたいですよね。

これらのテーマが存在していても「彼となら、大丈夫!」と自信をもって言えるのであれば、後悔を生むリスクも少ないでしょう。しかし、少しでも不安があって決断するのであれば、あとあと後悔の引き金になりがちなので、慎重に判断してもいいかもしれません。

 

【関連記事】

男性のホンネ…「彼が求めてこない」ピンチになった4つの理由【PR】

胸は「大きい女」がモテる!? プロが教えるバストアップ術【PR】

男性の証言「女性は当然つるつるだと思ってた…」いい加減自己処理はやめませんか?【PR】

※ やっぱりアナタが1番!周囲から「羨ましがられる夫」のトキメキ行動3選

※ SNSでウザがられる「働く女性の投稿」…2位愚痴より不快な1位は?

ピックアップ記事一覧