「今年最も印象深かった出来事」1位熊本地震…では2017年気になることは?

by

暮らし

教養, イベント, コミュニケーション, トレンド

早いもので2016年も終わりに近づき、もうすぐ2017年が訪れますね。2016年はさまざまな出来事があった波乱万丈の年でしたが、あなたにとって今年、どんな出来事が一番印象に残りましたか?

そして、2017年注目すべきことはいったい何でしょうか?

今回は、通信教育を手掛けるユーキャンが実施した「2017年のトレンド予測と資格取得に関する意識調査」の結果をご紹介します!

 

■2016年印象に残った出来事1位は“熊本地震”と“マイナンバー実施”

まず、「2016年、印象に残った出来事」を尋ねると、文化・スポーツ・自然/科学技術関連では、

1位・・・熊本地震発生(4月)(62.6%)

2位・・・SMAP解散騒動(1月~)(57.0%)

3位・・・不倫問題でタレントのベッキーさんが謝罪会見・活動休止に(1月~)(57.0%)

4位・・・『ポケモンGO』日本配信開始(7月)(49.3%)

5位・・・リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック開催(8月)(39.1%)

という結果となりました!

sub1

1位は突然の大地震で日本中が驚愕した熊本地震。熊本城が一部崩壊し、死者も多数発生するなど大きな被害が出ました。

2位は国民的アイドル、SMAPの今も尾を引く解散騒動。「SMAPが青春だった」と悲しむ方も多いのではないかと思います。

3位はタレント・ベッキーさんの不倫問題。働く女性にとっては身近に感じる問題かもしれませんね。4位は世界を席巻した『ポケモンGO』の日本配信、5位はリオオリンピック開催でした!

また政治・経済関連では、

1位・・・マイナンバー制度開始(1月)(50.5%)

2位・・・天皇陛下、生前退位の意向を示される(8月)(47.0%)

3位・・・舛添要一都知事辞職(6月)(35.2%)

4位・・・イギリスEU離脱を決定(6月)(34.6%)

5位・・・オバマ大統領、アメリカ現職大統領として初めて広島を訪問(5月)(33.6%)

という結果でした。

sub2

1位はみんなが戦々恐々とした“マイナンバー制度”開始について。開始後1年経ちますが、今のところは滞りなく実施されているようですね。

2位は天皇陛下の生前退位について。3位は舛添要一都知事辞職でした。それに伴う都知事選で、小池百合子氏の都知事選勝利のニュースは9位でした!

 

■2017年気になる話題は“米国新大統領就任”が断トツ!

では、「2017年、気になる話題」は何でしょうか?

1位・・・アメリカ新大統領就任(1月)(59.9%)

2位・・・配偶者控除の年収要件150万円以下に引き上げ(年内)(29.3%)

同率3位・・・任天堂、新型ゲーム機『Nintendo Switch』発売開始(3月)(18.8%)

同率3位・・・2018 FIFAワールドカップ アジア最終予選終了(9月)(18.8%)

5位・・・家庭向け都市ガスが「自由化」に(4月)(18.3%)

という結果に。

sub3

1位は全世界がショックを受けた“アメリカ新大統領”のニュース。筆者の住むアメリカでも破天荒なトランプ氏の大統領選当選で不安を感じる人がたくさんいます。

2位は「配偶者控除引き上げ」。今まで103万円以内に抑えて働いていたパート社員たちは喜んでいるかもしれません。

同率3位は任天堂の新型ゲーム機発売と、ワールドカップアジア予選についての話題でした。

 

以上、2016年に印象深かった出来事と2017年に気になることでしたが、いかがでしょうか?

年末は今年一年をじっくり思い出し、「何が良かったか、何が悪かったか」、また「来年はどんな年にしたいか」と考えるのに最適な機会。

また、年末には忘年会やパーティーなど各種イベントが多く開かれ、出会いの機会が多い時季でもあります。

上記で挙げたようなニュース、とくに政治・経済については、人に会う席、とくにビジネス関係のイベントでは必ずと言っていいほど話題に上ります。

会話に参加して自分の意見を述べられるように、今のうちからニュースサイトや新聞、雑誌などを読んで勉強しておくと、きっと役に立ちますよ!

 

【関連記事】

え…預金額がバレちゃう!? 「マイナンバーと口座情報」ウソホント

コレなら忘年会が盛り上がる!「幹事が押さえておきたい」ポイント4つ

下ネタよりイヤッ!忘年会で注意「先輩との飲み会でNGな話題」1位は

ゲッ…年明けにはシワシワのオバ顔!? 「忘年会で女子力低下」緊急対策

脱・壁の花!元CAが伝授「立食パーティー」立ち居振る舞い3つのコツ

ピックアップ記事一覧