バカンス大国フランス流!「休み明けの憂鬱を回避する」お正月の過ごし方

by

暮らし

休日, モチベーション, キャリア

年末年始はクリスマス、年越し、新年の挨拶や初詣などの行事が続き、プライベートな時間が増える時期です。久々に会う友人や家族と過ごし、仕事を忘れて一息つける機会でもあります。

しかしプライベートを楽しむあまり、仕事始めが憂鬱になってしまうという人も多いはず。せっかく気分新たに良いスタートを切るのに最高のタイミングだというのに、憂鬱で正月ボケのままでは勿体無い!

筆者の住むフランスは、バカンス大国でもあり休暇が多いことで有名ですが、連休明けが憂鬱と言っている人は不思議といないのです。

そこで今回は、筆者が実際に見たパリジェンヌのバカンスの過ごし方からヒントを得て、年始めから仕事でモチベーションを高く持つために、“お正月に気をつけるべきこと”を3つご紹介します。

 

■1:初売りで買うべきは、仕事にも使える服やファッション小物

新年、初売りに行く方は多いのではないでしょうか。初売りはセールも始まるので欲しかったものが賢くお買い物ができるいい機会ですし、お気に入りのものが見つかればそれを着て働くのが待ち遠しくなるはず。

新しいものを使うときは何だか背筋が伸びるので、新年を機にお気に入りアイテムを購入するのはモチベーションを上げるのにとても有効です。アイテムとしては洋服やアクセサリーだけでなく鞄やペンケース、いつも持ち歩くポーチもおすすめです。

少し無理をしてでもずっと欲しかったアイテムを思い切って買ってみるというのも、自分自身を鼓舞するのに役立つ時があります。お買い物を楽しんだら、「また仕事を頑張ろう!」と思えるはず。

 

■2:ダラダラしすぎはリズムの乱れに……寝正月は厳禁!

仕事のことを一切気にすることなく、寝続けられるのは最高の正月!なんて思っている方は要注意です。睡眠のリズムを崩してしまうと、仕事が始まったときに疲れが一気にやってきます。

また、睡眠とメンタルヘルスは脳内で繋がっているため、思っている以上に精神的にも疲れてしまう可能性も。

比較的時間のあるお正月ですが、起床・就寝時間は仕事日と比べて1時間前後の差までと意識してみてください。少なくとも仕事スタートの2日前には、普段の睡眠のリズムに戻し、体内時計を整えておくべきです。

 

■3:心機一転! 年間目標を立てる

時間にゆとりのある年末年始こそ、落ち着いて年間計画を立てるのに最適な時。

漠然としたことよりも現実味のある目標を立てるには頭で考えるよりも書き出してビジュアル化するほうが明確になりやすいので、個人目標として一年のうちに仕事やプライベートで実現したいことをいろいろ書き出してみてください。

その際、本当に実現が可能なのか、目標達成までのプロセスをイメージすることも大切です。具体的な目標が立てばあとはそれに向かって進むのみ!

 

以上、年始めから仕事でモチベーションを高く持つために、“お正月に気をつけるべきこと”3つでしたが、いかがでしょうか?

年末年始に与えられる時間はみんなほぼ同じですが、その時間にちょっとした意識を持つことで、憂鬱だった仕事が希望に満ちたフィールドに。

これから新たな1年を輝いたものにするためにも、モチベーションを高く持ち、最高のスタートを切りましょう!

 

【関連記事】

※ 勉強の秋だから…!「今度こそ挫折せずに」学習を続けるコツ3つ

※ どうして私だけ…!? 働く女性が「自分で自分の成功を妨げる」NG習慣5つ

※ 最新の研究で判明!「目標を達成する」ためのたった2つの心得

※ 続かないのはアナタのせいじゃない!今度こそ続く「行動科学」の法則

※ デートより大事!? 休日に働き女子がしたいコト「お家でひとりで…」

 

【画像】

※ Ushico / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧