さくっとマイナス1~3kgで冬太り解消!「目標体重別ダイエット」テク

by

美容・健康

ダイエット, エクササイズ, 飲み会

最近飲みに行く機会が増えたという方も多いのではないでしょうか?

忘年会だけでも体重の増加が気になるというのに、正月に帰省してまた食べ、気付いたらあっという間に新年会のシーズンに突入……と、冬はついつい太ってしまうものですよね。

そこで今回は、食べ過ぎてしまう年末年始だからこそ改めて知りたいダイエット方法について、目標体重別にご紹介していきます。

キープしたい人も減らしたい人も、ぜひできるところから取り入れてみてください。

 

■1:目標体重マイナス1kgなら手軽に“朝食”からチェンジ!

一番手軽に工夫できることといえば、やはり朝食の選び方。「朝食がカギ!?“ダイエットを成功させる朝ごはん”の法則3つ」でお伝えしている朝食の摂り方について改めてお伝えしていきます。

(1)起きてから30分から1時間以内に朝食を摂って、代謝を上げる

(2)タンパク質を多く摂る

(3)“レジスタントスターチ”を味方にする

レジスタントスターチは食物繊維の一種で、「難消化性でんぷん」とも呼ばれます。整腸作用に優れている成分です。身近なものでは、まだ青い状態のバナナに多く含まれています。

一見難しそうでもバナナ1本であれば朝食としても選びやすいですよね。

ダイエットだからと食事を抜くと風邪をひきやすくなるなど体調面に不安があるため、摂るべき栄養素はしっかりとりたいものですね。

 

■2:目標体重マイナス2kgならダイエット中の選ぶべきお酒をチェック

年末年始の忘年会ラッシュにお酒を控えるのは至難の技。だからこそお酒の選び方を気にしてみませんか?

ハイボールvsレモンサワー“ダイエット中のお酒”選ぶべきはどっち?」では、以下のようにお酒の席でのダイエット方法について紹介されています。

(1)蒸留酒を選ぶ

(2)おつまみのカロリーを考える

(3)果汁の糖分を考えてハイボールを選ぶ

(4)おつまみは高ビタミン・高タンパクな食品を選ぼう

つい頼みたくなる唐揚げとビールではなく、豆腐や枝豆とハイボールなどを選ぶようにするなど、ダイエット中だからこそおつまみには気をつけてくださいね。

 

■3:目標体重マイナス3kgならダイエット中のNG行動を確認!

忙しい朝やランチなどついついパンを片手に食事を済ませてしまう方も多いと思いますが、ダイエット中はできれば避けたい行動。

クロワッサンよりダイエットの敵!? “炭水化物が多い”意外なパン」では、炭水化物を避けていたつもりが、じつは炭水化物の割合の多い食品をお伝えしています。

(1)朝食に人気のコーンフレークは高い割合

(2)ヘルシーなイメージのフランスパンやライ麦パンも高めの割合

(3)クロワッサンの炭水化物割合は意外と低い

また、「エッ…朝食にパンはダメ!?“これじゃ痩せない”ダイエットNG行動5つ」でも朝ごはんのパンはNG行動のようです。パン以外にも気になるダイエット中のNG行動についてもチェックしてみましょう。

(1)朝ごはんにパンを食べる

(2)ついコンビニに寄る

(3)歩かずにエスカレーターやエレベーターを使う

(4)整理整頓がされていない、部屋が汚い

(5)夜遅くに食事をする

整理整頓がされていないと、無意識のうちにストレスが溜まってしまい、食欲増進や脂肪の蓄積に影響があるそう。年末の大掃除も、ダイエットのためと思って頑張りたいですね!

 

以上、つい食べ過ぎてしまう年末年始に知りたいダイエット方法でしたが、いかがでしょうか?

ちょっとした食事の選び方でダイエットができる方法ばかりなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ ダイエット効果も!朝食に「ピーナッツバター」を食べるといい理由4つ

※  最新の研究で判明!「ダイエット成功」へのたった1つのルール

冷え対策だけじゃない!カンタン「代謝UPダイエット」方法3つ

※ 罪悪感ナシ!コンビニで買える「ダイエット中のおやつ」3選

※ ダイエットランチは「コンビニごはん」が最強!? 組み合わせ最適パターン

ピックアップ記事一覧