この人居なくなればいいのに…!「嫌いな上司」と付き合う方法

by

職場

人間関係, 職場, コツ

苦手な上司がいると、会社に行くのもイヤになりますよね。仕事の人間関係は自分で選べない部分もあるからこそ、対応にも苦慮するものです。

でも、「嫌いだから」というだけで無愛想な態度をしてしまうのは、大人として絶対にNG……! 自分の評価を下げないために、上手に乗り切りましょう。

今回は『BizLady』の過去記事から、「この人いなくなればいいのに……」と思ってしまうほどに苦手な上司との付き合い方のコツを集めてみました。

あなたの職場にも、頭を悩ませる存在の上司はいませんか!?

 

■1:あえて優しく接してみる

嫌いな相手だからといって、冷たい態度をしてしまえば、かえって人間関係が悪化するものです。

『BizLady』の過去記事「も~この人ホントに嫌!“苦手な同僚”と無理なく付き合うコツ4つ」でも、意地悪な同僚に対しては逆に優しく接することが大切だとお伝えしています。

具体的には、ねちねち細かいことを注意してきたら、「お手数おかけしました。すぐに直します」と言ってみたり、無愛想な挨拶に対してはニコッと笑顔で挨拶してみたりと、優しい態度をすることで、大人の態度になるというわけ。

誰しも、誰かに冷たく接してしまえば反省するもの。そんな心理をついて、相手の態度を改めてもらうために自分から態度を変えていくのも有効なのです。

 

■2:他の上司に相談してみる

正直顔を見るのもイヤな上司がいると、なるべく接点をもたないようにしてしまおうと思うもの。

しかし、『BizLady』の過去記事「“職場の嫌いな上司”とうまく付き合う6つの方法」の中では、苦手な上司への裏ワザ対処法として、他の上司に相談してみることを挙げています。

上司が一人しかいない場合には、トップに相談してみるなど自分だけで悩まずに周囲に助けを求めるのも有効な方法。パワハラやモラハラ、セクハラなどハラスメント系のお悩みには誰かの力を借りるのが、もっとも効果的な方法となるケースも少なくありません。

この記事では、他にも次のような対処法を挙げています。

(1) 礼儀正しくする

(2)仕事に集中する

(3)上司の長所を見つけてみる

(4)受け流す、関わらない

(5)転職、異動してみる

どうしても対処に苦慮する上司がいるならば、自分を守る方法として覚えておきたいですね。

 

■3:ココロを守る切り返し方を習得しておく

理不尽なことばかり言う上司には、辟易してしまいますよね。

だからこそ、接点をもつたびにユーウツになってしまうような上司がいるなら、自分を守ることが叶う切り返し方を覚えておきたいものです。

『BizLady』の過去記事「理不尽上司にはオトナ対応!トラブルを避ける“ウマい切り返し”3つ」では、笑顔で聞いているフリをして流したり、単純に感情のままに言い返さず、理詰めで反論できる準備をしておくようお伝えしています。

こうすることで、理不尽なことを言われても心に余裕ができ、ダメージを最小限にして接する心構えができてくるのです。

 

以上、職場で苦手な人とうまく付き合う方法でしたが、いかがでしょうか?

「この人、いなくなればいいのに……」と思ってしまうほどに嫌いな上司がいると、会社に行くのもユーウツですし、転職すらも頭をよぎるもの。職場の人間関係は自分では選べないだけに、賢い対処法を覚えておくことが、自分を守る術に繋がります。

あの上司がいる限り、仕事が楽しいと思えるわけないっ!と感じているならば、こちらが大人になって対応していきたいですよね。

 

【関連記事】

※ 経営者が見てるのはココ!出世する「優秀な社員だけがする言動」3つ

※ 「会社行きたくない…」と思ったときにするといい4つのこと

※ 視線が辛い…!アラサー女子が「痛い先輩」認定されるNGファッション

※ 家事分担に不満…!「夫婦の話し合いでルール化」が失敗する意外な理由

※ 「残念先輩」認定される夕方5時のNG目元!3位まゆなし超え1~2位は

ピックアップ記事一覧