66%が!?「写真を撮るのが嫌いな理由」2位コンプレックス、1位は

by

暮らし

SNS, トレンド, コツ

最近は、スマホで手軽に写真を撮る人が多いですよね。

ウィークディのランチやアフター5のディナーや夜景などなど、サクッとシャッターを押している女性も少なくないのでは?

女子会や飲み会など複数人で会うシーンでは、記念を兼ねてスマホで撮影し合っている人もいそうですね。

でも、世の中には写真に写ることを嫌う人も存在します。気軽に「写真撮ろうよ!」なんて声をかけて応じてもらっていたとしても、内心では「イヤだな……」なんて思われているかもしれません。

では、写真を撮ることを嫌う人たちには、どんな理由があると思いますか?

今回はインターワイヤードが運営するネットリサーチが4,219人に実施した「写真に関する意識調査」をもとに、写真に写るのが嫌いな人の切実な理由ワースト3をお伝えします。

 

■約3人に2人は「写真に写るのが嫌い」!?

まず、同調査で「“自分が写真に写ること”は好きですか」と質問をぶつけたところ、「好き」は33.7%「嫌い」は66.3%という結果になっています。

男女別の内訳としては、男性は「好き」が36.3%「嫌い」が63.7%、女性では「好き」が29.8%、「嫌い」が70.2%となりました。

一般的に「男性は写真に写るのが苦手」なんて言われることもあるなか、実態としては女性のほうが苦手意識をもっている様子も垣間見えますよね。

では、その理由はどこにあるのか次から見ていきましょう。

 

■ワースト3位:ポーズをとるのも撮影した写真の行方も…!?  「面倒くさいから」

「写真に写ることが嫌い」と言った2,798名に「自分が写真に写ることが嫌いな理由を教えてください」と質問をしてみると、ワースト3位になっているのは25.9%が選んだ「面倒くさいから」。

撮影するために“キメ顔”をするのも面倒なら、撮ったあとの写真が一人歩きして出回ることを「面倒だ」と感じている人もいそうですよね。

写真に写ることが好きな人にとっては「面倒!?」と聞きたくなるかもしれませんが、写真嫌いの人にとっては切実な理由と言えそうです。

 

■ワースト2位:コンプレックスがあるせい? 「自分の顔やスタイルが嫌いだから」

そして、同質問に対して41.2%が選びワースト2位になっているのは「自分の顔やスタイルが嫌いだから」です。

容姿のコンプレックスがあると、撮影した写真を見るたびに自分なりに気になってしまうものかもしれません。

誰しもコンプレックスのひとつやふたつはあるものですが、写真嫌いの人にとっては、切実な理由です。

 

■ワースト1位:自己評価ではあるけれど……「写真写りが悪いから」

そして、同質問に対して51.6%が選びワースト1位になっているのは「写真写りが悪いから」でした。

写真写りの評価は自分目線になりがちなものの、撮った写真を見るたびに「えー。私ってこんななんだ」「俺って実物より写りが悪い……」なんて凹んでいる人もいそうです。

他人から見ると写真写りが悪いとは思えなくても、当人にとっては切実なお悩みのひとつかもしれません。

もし、写真写りが悪いことをお嘆きならば『BizLady』の過去記事「職場の集合写真!“実力以上に美女に写る”禁断の撮影テク3つ」でお伝えしたように、カメラをお腹より下の位置に置いて撮影をしてもらったり、背景や小道具に工夫をしてみるといいかもしれません。

 

以上、写真を嫌いな人の理由ワースト3でしたが、いかがでしょうか?

写真を撮るのが嫌いな人は、やっぱり切実な理由を抱えていることが少なくないようです。仕事の関係者との宴席やプライベートの飲み会で、写真を撮るのを嫌がる人がいたら、こんな理由が潜んでいるのかもしれません。

あまりに嫌がっているならば、無理やり一緒に映るよう要求するのは控えたほうが賢明です。

 

【関連記事】

※ リア充の人ほど煩わしい認定されちゃう?「SNS嫌われ投稿」3つ

※ 気づいて!「職場で孤立無援になる」ついやりがちな自己中NG言動

※ それって自慢!? 同僚をイラつかせる「新婚女子のSNS投稿」3つ

※ ゲッやってた…!無条件に「失礼なひと」認定されちゃうNG振る舞い3つ

※ 体重増えてないのに!「デブ女子」認定されちゃう危険なオフィス服3つ

 

【参考】

写真に関する意識調査 – プラネット

ピックアップ記事一覧