3位大豆、2位甘酒!美肌女子ほど知ってる「お肌にいい食材」1位は

by

美容・健康

スキンケア, ランキング, 美容

仕事が多忙だと、美容ケアがおろそかにもなりがちです。働く女性にとっては、最小限の努力で最大限の美をゲットできるようれしいですよね。

美肌効果があるとされている食べ物を積極的に摂れば、少ない手間で美しいお肌をキープできる近道になります。

美しい肌の人のほうが、“美肌効果がある食材”を多く知り、積極的に摂取しているのかも。

今回は時短美容家である筆者が、月桂冠総合研究所が1,000名に実施した調査をご紹介します。

 

■3位:味噌や豆腐も含む「大豆」

同調査では、“肌にいい栄養素を含む食材を挙げ、美肌に効果があると知っている食材を選択してもらう”という方法をとっています。

美肌をよく褒められる人と美肌を褒められない人との認知率に差が大きかった食材の3位は「大豆(味噌や豆腐などを含む)」でした。

具体的な認知率は、美肌をよく褒められる人では64.9%、美肌を褒められない人では59.0%となっています。

大豆にはタンパク質や食物繊維のほか、女性ホルモンに似た“イソフラボン”が含まれますから、体内環境を整え美肌になる食材とされています。

美肌な女性ほど、大豆が美肌食品であることを知っている傾向にあったのです。毎日少しずつ、積極的に食べたいですよね。

 

■2位:お正月だけじゃもったいない「甘酒」

続いて、同様に結果を見ていくと美肌をよく褒められる人と美肌を褒められない人との認知率が2番目に大きかった食材は「甘酒(米麹や酒粕)」です。

姉妹メディア『Menjoy!』の「カレもメロメロ!“ひなまつりにぜひとも飲みたい”甘酒の効果」では、甘酒の成分である、ビタミンB1・B2・B6、パントテン酸、ビオチン(ビタミンH)などには前述のダイエット効果があり、また肌や髪を美しく保ったり、疲労回復にも効果があったりするとお伝えしています。

そう! 甘酒は、美容ドリンクといっても過言ではないほどの効果が期待できるのです。

ちなみに具体的な認知率は、美肌をよく褒められる人では29.2%、美肌を褒められない人では22.6%という結果でした。

 

■1位:仕事の効率アップも狙える「ナッツ類」

そして、同様に分析をしていくと美肌をよく褒められる人と美肌を褒められない人との認知率がもっとも大きかった食材は「ナッツ類」という結果に。

「ナッツを食べるとニキビが出てしまう!」という女性もいそうですが、ナッツに含まれるビタミンやミネラル、食物繊維は美容効果が高い成分でもあります。

食べ過ぎに注意し、少量を食べ続けることでナッツによる美容効果を実感しやすい食べ方になります。

ちなみに、ナッツ類は過去記事の「仕事の能率もアップ!? 働き女子の“脳を元気にする”身近な食品5つ」でお伝えしたように仕事の効率アップも狙える食材なので、働く女性にとってはオフィスに常備するおやつにするのもおすすめです。

 

以上、美肌にいい食材3つでしたが、いかがでしょうか?

美肌をキープしている女性は、食材にも審美眼をもっている傾向が改めて浮き彫りとなっていますよね。

インナービューティを意識することが、多忙でも美肌をキープできるコツにもなります。美肌を育むとされている食材を意識すると、「スキンケア、面倒くさい」なんてときにも便利ですよ。

今回ランクインした食材を、あなたはいくつご存じでしたか? ぜひ、毎日の食生活に積極的に取り入れてみてください。

 

【関連記事】

※ 自分史上最強の愛され顔!アナウンサー直伝「女子アナメイク」の全貌

※ それ本当にすっぴん?「お泊りデートも怖くない」素顔格上げコスメ3選

※ 叶姉妹の名言に学ぶ!どんな時も「ブレずに生きる」方法2つ

※ 科学的にも証明済み!「幸せな人がやっている」カンタン行動4つ

※ 残業続きはレッドカード!「睡眠不足が働き女子をダメにする」理由3つ

 

【参考】

※ 美肌と発酵食品『甘酒』に関する調査 – 月桂冠総合研究所

 

【画像】

※ tomos / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧