仕事帰りにフラッと立ち寄れる!「首都圏クリスマスマーケット」3選

by

暮らし

イベント, デート, オススメ

もうすぐクリスマス。ツリーを飾ったり、イルミネーションを見に行ったり、気分を高めている人もいるのではないでしょうか。

待ちきれない! もっと気分を盛り上げたい!という人は、“クリスマスマーケット”に足を運んでみませんか?

クリスマスマーケットとは、ドイツを中心に、中世から続くヨーロッパの伝統的なお祭り。ここでしか買えないモノや、楽しめないモノがあります。

今回は、クリスマスマーケットの魅力と、首都圏で開催されているマーケット3選をご紹介します。仕事帰りにイルミネーションを見ながら、ふらっと足を運べる場所を選びました。

 

■クリスマスマーケットに行ったら見逃せないモノ

クリスマスを味わえるモノは巷にあふれていますが、マーケットでは本場ドイツの様子が満喫できます。

<マーケットはそれぞれ雰囲気も異なりクリスマスに向けた飾りなどでオーナメント、キャンドル、手工芸品、またソーセージ、グルメ、お菓子、温かいグリューワイン(ホットワイン)などを売る屋台が多く並びます。>

H.I.Sクリスマスマーケットサイトによると、その他、レーズンやナッツなどがたっぷり入った名物ケーキ“シュトーレン”や、アイシングで可愛くデコレーションされた、香辛料と蜂蜜を使った伝統的なクッキー“レープクーヘン”などのスイーツも見逃せないそう。

 

■近郊で開催中!クリスマスマーケット

都内近郊で開催されるクリスマスマーケット3選をご紹介します。どのマーケットもそれぞれの特徴が。足を運んでみたくなるマーケットばかりですよ。

(1)東京クリスマスマーケット 2016

日時:12月16日(金)~25日(日)日比谷公園

場所:日比谷公園 噴水広場

ドリンク&フード、雑貨のお店が、30店舗以上も立ち並びます。また、毎日楽しめるステージイベントと、ワークショップも開催。公式ガイドブック(1冊300円)を購入すると、買ったその場でハズレなし、クリスマスプレゼントの抽選ができちゃいます

(2)六本木ヒルズ アーテリジェントクリスマス

日時:11月26日(土)~12月25日(日)

場所:六本木ヒルズ 大屋根プラザ

今年で10周年を迎えるイベント。世界最大、ドイツ・シュツットガルトのクリスマスマーケットを再現しています。グリューワインやソーセージなど、本格的なドイツ料理が味わえるショップや、クリスマスアイテムを扱う雑貨店が計11店舗出店。伝統的ドイツのクリスマスアイテムのお店「ケーテ・ウォルファルト」をはじめ、約1,000種類以上ものクリスマス雑貨を楽しむことができますよ。

(3)クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫

日時:11月26日(土)~12月25日(日)

場所:横浜赤レンガ倉庫

昨年は65万人が来場したという、赤レンガ倉庫人気のイベントです。本場ドイツの雪景色演出で、会場全体をホワイトやシルバーカラーの装飾で統一。エントランスはモミの木が並び、ヒュッテ(木の屋台)が15台も。イベントのシンボル、10mの本物のモミの木も、ホワイトクリスマス気分を演出してくれます。

 

以上、仕事帰りでも足を運べそうな、首都圏クリスマスマーケット3選でしたが、いかがでしょうか?

師走は仕事が忙しいという人も、気軽にクリスマスマーケットに立ち寄って、クリスマス気分を満喫してみませんか?

 

【関連記事】

モノより気持ちでしょ!「スヌーピー」から教わるほっこりクリスマス 

まだ間に合う!クリスマスに男性から誘わせる「決めゼリフ」3つ

小さな贈り物に!予算2千円で選ぶクリスマスの「センスのいいプレゼント」

クリスマスに忘年会…あぁイベント金欠!年末を美しく「節約オシャレ」術 

衝撃…!男子の6割が望む「理想のクリスマスデート」の過ごし方 

 

【参考】

クリスマスマーケット特集 – H.I.S

東京クリスマスマーケット 2016

六本木ヒルズ アーテリジェントクリスマス

クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫

 

【画像】

pixabay

ピックアップ記事一覧