目指せ円満ラブ夫婦!正月休みに「夫婦で話しあいたい」テーマ3つ

by

恋愛・結婚

コミュニケーション, 休日, 夫婦

お正月休み、いかがお過ごしですか?

多忙な共働き夫婦にとっては、ゆっくりと顔を合わせることが叶う貴重な時間でもありますよね。

年末年始の休暇は旅行や帰省だけのためでなく、日頃はじっくり話す機会がないカップルが、お互いのすり合わせのために話し合いをできる時間でもあります。

上手に使えれば夫婦関係を見直す機会にもできますし、家族として新年の方向性をすり合わせるチャンスにもできます。

今回は、様々な人間模様を見てきた元市議の筆者が、できればお正月休みに夫婦で話し合っておくべき話題を3つお伝えしていきましょう。

 

■テーマ1:夫婦で理解し合うことが重要な“仕事の将来ビジョン”

いつもは目の前のことをこなすのに精一杯、仕事に忙殺されていませんか? 共働きだと、日頃は夫婦それぞれが自分の日々の仕事や家事をこなすだけになっているパターンもあります。

でも、夫婦として家庭を築いている以上、将来ビジョンの共有は大事な上に必要なテーマですよね。

昇進を狙っているのか、転職を考えているのか、もうひとり子どもが欲しいから退職すらも視野にいれているのか……などなど、お互いがいま自分の仕事にどんなことを思っているのかを、共有しておきましょう。

仕事でのビジョンを共有できると、お正月休みが終わって互いが物理的スレ違いの生活に戻っても、相手の思いが把握できているために協力しあえるメリットも生まれます。

相手の夢や望みを具体的に知っておくことは、円満ラブには重要ですよね。

 

■テーマ2:お金の話はケンカにもなりがちだからこそ“資産計画”

お金の話も、本来は夫婦でじっくり共有しておきたいテーマのひとつです。

共働きをしていると、共有財布以外は夫婦で別会計にしている家庭もありますよね。あるいは、妻か夫どちらかが合計して管理しているパターンもあります。

いずれにしても、お金の話は夫婦間で細かく共有しておくに越したことはなく、共有しきれない部分が残っていると無用なケンカを招きがちなトピックでもあります。

お金の話をするとシリアスになりがちだからこそ、多忙な日常では深い話を避けている夫婦もいるかもしれません。

お正月休みはゆったりと時間をとれるからこそ、お金の話をするのにも最適です。生活費だけでなく、貯蓄や投資など資産計画についても希望を話し合ってみるといいのではないでしょうか。

 

■テーマ3:お互いに相手を理解し応援しあえるから“新年の抱負”

お正月を迎えると、これからの1年間をどんな年にしたいのかを考える人も多いはず。仕事だけでなくプライベートや遊び、自己啓発などやりたいことがあるならば、夫婦間で共有しておくといいテーマです。

新しい年をなんとなく一緒に生活して過ごすより、相手がやりたいことを共有できていたほうが、夫婦間の絆もグッと深まりますよね。

それぞれがパートナーに宣言することで、ヤル気アップにも繋がりそうですし、相手を理解するキッカケにもなりますよね。

せっかくの長いお休みなので、相手が考えていることを理解する時間にしてみると、夫婦関係の見直しにも繋がるのではないでしょうか。

 

以上、夫婦がお正月休みに話しておいたほうがいいこと3つでしたが、いかがでしょうか?

日頃は夫婦の時間をとれなくても、長期のお休みであれば会話の時間も増えますよね。

ただ漠然と一緒にお休みを過ごすのではなく、より豊かな結婚生活を送れるよう共有すべきトピックや相談し合うべきテーマを、この機会にじっくりと話していきたいですよね。

多忙ゆえ夫婦間にスキマ風が吹いていたカップルでも、ゆっくり話す時間を通じて絆が強くなる効果も期待できそうです。ぜひ、お正月休みを上手に活用して、夫婦の絆アップを目指してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

※ 72%が不倫経験アリ…!? 「現代女性の不倫観」ホンネが浮き彫りに

※ そろそろ結婚?その前に「カレに確認しておきたい」3つの質問

※ 満足できない!「彼氏に求めすぎてしまう」女性に足りないもの3つ

※ 消えてくれればいいのに…!「職場でウザい同僚」のNG特徴3つ

※ 3位お尻ポンッ!実は不快な「夫のスキンシップ」あるある1位は

ピックアップ記事一覧