意外!? お正月明けよりスゴイ「女子の最デブ期」が調査で判明

by

美容・健康

休日, イベント, ダイエット

楽しみなお正月休み。指折り数えて待っている人もいる一方で、こんな不安を抱く人も多いでしょう……「おせちにお雑煮、お酒も飲むだろうし……食べ過ぎ飲み過ぎでおデブになったら、どうしよう!?」

そう、お正月は日本人が最も“おデブ化”の恐怖に晒される時期、と言っても過言ではありませんよね。

そんなこわーい“お正月太り”、だけどこれって、本当に起きているのでしょうか?

じつはあるデータから、こと女性に限っては必ずしもそれが当てはまらない!? ということがわかったようなのです。

そこからはお正月太りの実態と、意外な“痩せ期”も浮き彫りに……!

 

■男性の年間の“最デブ期”……やっぱり「お正月明け」!

ドコモ・ヘルスケア株式会社が、健康プラットフォーム『WM(わたしムーヴ)®』に蓄積されたデータから、男女122,645人の1年間(2015年11月1日から2016年10月31日まで)の体重変化の傾向を分析。

そこからは、体重変化・変動に関する意外な発見が。まずは男女による違い。これが、思いのほか表れていたのです。

週ごとの集計で、男性の体重が重かった順は、このようになっていました。

1位 正月休み明け・2016/1/3週

2位 ゴールデンウィーク明け・2016/5/8週

3位 正月休み明け・2061/1/10週

1位はお正月休みが明けたばかりの週、その次の週が3位と、“お正月太り”ってやっぱりあるんだ!と突き付けられたかのようですよね。

男性がそうなら、同じようなお正月休みを過ごす女性だって、やっぱり同じ結果では……と思いきや、そのランキングには変化が!

 

■あれ!? お正月明けじゃない! ……女性の年間“最デブ期”

1位 ゴールデンウィーク明け・2016/5/8週

2位 ゴールデンウィーク明け・2016/5/15週

3位 正月休み明け2016/1/3週&ゴールデンウィーク明け・2016/5/1週

上記が、女性の週ごとの体重が重かった順です。

意外にもお正月休み明けは、3位。上位には軒並み、“ゴールデンウィーク明け”が。

たしかにお正月休みと並び長期休暇が取りやすい時期ですが、ゴールデンウィークは行楽にスポーツにと、アクティブに動く人も多いイメージ。

そう考えるとちょっと意外に思った人もいるのでは?

そして意外と言えば、もう一つ。年間の“女性の最痩せ期”、これがちょっと驚きの結果に!

 

■男女でこんなに違う、年間“最痩せ期”……女性はなんと「クリスマス時期」!?

このデータでは男女双方が“一年で体重が最少だった週”も示されているのですが、そのそれぞれの結果が、このようになっていました。

男性・・・2016/8/7

女性・・・2015/12/20

男性の“最痩せ期”は、夏真っ盛りの時期。薄着になったり水着になったり……という機会が増え、男性もダイエットを意識するのかもしれませんね。

しかし一方の女性はというと、その“最痩せ期”はなんと、年末。ちょうどクリスマスを迎えるシーズンです。

もしかしたら女性は、“夏に向けてダイエット”よりも“クリスマスに向けてダイエット”を意識する人の方が多い、ということなのでしょうか。

 

以上、年間の“最デブ期”と”最痩せ期”についてでしたが、いかがでしょうか?

ちなみに男女とも、年間の体重変動が最も見られたのは、20代。ちなみに20代や30代に限ると、夏に向けての体重減少は女性でも顕著だったのだとか。

そして体重そのものが最も重かったのは、男女とも40代。女性に限っていえば、その40代と30代はそれほど差はなし、という結果。

おデブ危険期や痩せ期だけでなく、はからずも“年齢を重ねた結果の太りやすさ”も露呈した今回のデータ……筆者含め、それぞれにとって気を引き締めるきっかけになったのでは!?

とにもかくにも、まずは目の前に迫る”お正月太りの危機”を撃退!したいところですね。

 

【関連記事】

休日だけじゃモッタイナイ!「ダイエットにもなる」意外なお楽しみ4つ

ダイエット中でも大満足!「空腹にならない」食べ応えばっちり食材3つ

※ 失敗談から学べ!夫の同僚がやって来る…賢い妻の「ホムパの鉄則」

忘新年会で盛り上がる!美人に可愛い方言…「県対抗なんでも自慢」

1位鹿児島、4位沖縄…「結婚の幸福度」が九州沖縄で高いワケが意外すぎ!

 

【参考】

「1年間で最も太っていたのはいつ?年間の体重変化を大公開」-ドコモ・ヘルスケア株式会社

ピックアップ記事一覧