私だけの強みって?隠れた才能に気づき「仕事力を底上げする」3ステップ

by

仕事

キャリア, 仕事, 出世

就職してからもう何年もたち、社内ではすっかりベテラン扱いに。

仕事は安定してきたけれど、ふと「このままでいいのかな?」とモヤモヤすることはありませんか?

今のところは大丈夫だけれど、これからも私のポジションは変わらずあるのだろうか。もっと、新しいスキルを身につけるなど、いろいろとチャレンジするべきなのだろうか……思うことは人それぞれでしょう。

不安になってきたら、やみくもに新しいことをスタートするよりも、ここで一度“今まで自分が積み上げてきたもの”を振り返ってみては?

そこで今回は、自分の強みを再評価して仕事力を底上げする方法をご紹介します。

 

■1: 自己卑下と謙遜は違う! 自分の頑張りや能力を適切に評価する

大前提として、自分の頑張りや能力を適切に評価するようにしましょう。

謙遜と自己卑下を混同している人もいますが、謙遜の場合は礼儀として(または嫉妬を避けるための処世術として)あくまで表面的にへり下っているだけであって、心の中では自信やプライドを持っているもの。

一方、自己卑下の場合は心の中でも「自分はダメで取るに足らない」と思っている場合が多いです。

数多くの女性の悩みに向き合ってきたカウンセラー斎藤芳乃氏の著書『もっと私らしく生きる最高の方法~愛、お金、人間関係のすべてを自動的に手に入れる自尊心ルールズ』(大和書房)によると、キャリアアップや収入アップのためには“自分の価値や才能を認めること”が大切なのだということです。

<人の潜在意識の中に、お金はただもらうものではなく、貢献してこそ対価を得られるという情報があるからです。(中略)こうして自分に納得できればできるほど、自然に豊かさが手に入るようになります>

自己評価は高すぎても低すぎてもいけません。同著では、適切に自己評価するためには

<事実をきちんと認知していく>

ことが大切だと説明しています。「○年間ほとんど休まず真面目に働いてきた」「難しい資格試験に合格した」など、自分がこれまで積み上げてきた実績を客観的な視点であらためて見つめ直してみては。

 

■2: 自分の複数の強みを棚卸ししてつなぎ合わせる

適切な自己評価ができたら、次は具体的な“強み”は何なのか考えてみましょう。

女子未来大学ファウンダー猪熊真理子氏の著書『「私らしさ」のつくりかた』(サンクチュアリ出版)では、“3つの強みをかけあわせること”を勧めています。

<ひとつだけでは「だれにも負けない」とは言いきれない強みも、ふたつ、3つと掛け合わせていけば、だんだん希少価値になっていく。(中略)強みがひとつだけだと「点」ですが、ふたつかけ合わせて「線」を、さらに3つかけ合わせて「面」をつくっていく。その「面」をつくることこそが、実は社会の中でのその人ならではの「居場所(私らしさを表現できる強み)」をつくる秘訣>

著者の猪熊真理子氏の場合は、「心理学」×「女性」×「ビジネス」を“自分の強み”として挙げられています。そしてこの組み合わせは、意外性があればあるほど“希少価値”が高まるのだそうです。

過去記事「勉強の秋だから…今度こそ!“キャリアアップのための資格”の選び方」でも少し触れましたが、この考え方は資格を取得する場合にも応用できそうですね。

 

■3: ネガティブで感受性が高いのは弱さではない!? コンプレックスを強みにする

過去記事「前向きだけが全てじゃない!ネガティブ女子の“後ろ向き”メリット」でもお伝えしましたが、自分ではコンプレックスだと思っていることが強みに転じることもあります。ネガティブな性格も、裏を返せば“慎重”で“リスク管理能力が高い”ということに。

『「私らしさ」のつくりかた』でも、これから求められる“リーダー像”について、以下のように予想しています。

<「強きが弱きを助ける」ではなくて、弱いからこそその弱さをいかして、同じような境遇に悩んだり、苦しんでいる人たちの役に立とうとする。(中略)他者に対する圧倒的な共感力と、想像力と創造力。慈悲の心や思いやり、相手の立場に立って物事を考えることができる利他的な思考>

ジャーナリストの池上彰氏・佐藤優氏による対談集『新・リーダー論 大格差時代のインテリジェンス』(文藝春秋)でも、最近もてはやされている“冷酷非情なリーダー像”に警鐘を鳴らしつつ

<佐藤 リーダーには、他人の気持ちになって考える共感力が不可欠です>

と断言しています。

 

以上、自分の強みを再評価して仕事力を底上げする方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

自分の隠れた強みや才能に気づいた方もいるのではないでしょうか。

 

【関連記事】

※ 勉強の秋だから…今度こそ!「キャリアアップのための資格」の選び方

※ 前向きだけが全てじゃない!ネガティブ女子の「後ろ向き」メリット

※ やりがいvs給与どっち?「仕事でハッピーになれる人」が選んだ回答は

※ 後輩教育に悩んでない?「新卒フォロー」でマネジメント力を磨くコツ

 

【参考】

斎藤芳乃著(2015)『もっと私らしく生きる最高の方法~愛、お金、人間関係のすべてを自動的に手に入れる自尊心ルールズ』(大和書房)

猪熊真理子著(2016)『「私らしさ」のつくりかた』(サンクチュアリ出版)

池上彰・佐藤優著(2016)『新・リーダー論 大格差時代のインテリジェンス』 (文春新書)

ピックアップ記事一覧