セクシー女優 紗倉まなが語る「ビデオに影響を受けた彼」への対処法

by

恋愛・結婚

コミュニケーション 恋愛, 夫婦, 秘訣

皆さんは、男性向けのアダルトビデオ(以下、AV)を見たことがありますか? 女優さんを主人公にして繰り広げられる性行為はあくまでも“映像作品”ですが、男性のなかには実際に参考にしてしまう人も少なくないようです。

彼の行為が痛かったり、つらかったりしても、「気まずくて」「恥ずかしくて」言い出せない……という悩みを秘めている女性もいるでしょう。

「セックスはコミュニケーション」とはよく言ったものですが、なかなか本音を伝えるのは難しく、人にも相談しづらいものです。

そこで今回は、AV女優の紗倉まなさんに「セックスとAVの違い」について、お話をうかがいました。

紗倉さんは作品に出演するだけでなく、女性向けの恋愛・性に関するコラムや一般小説の執筆など、多岐にわたって活躍。1月10日にはスタイルブック『MANA~紗倉まなスタイルブック』(サイゾー)を刊行するなど、女性人気も高いことで知られています。

男性を魅了しながらも女性に寄り添う意見を発信する紗倉さんが考える、「AVに影響を受けた彼氏」への対処法とは?

 

■AVが“教科書”になってしまっている男性も……

――新刊『MANA』には、紗倉さんのファッションやメイク術、インタビューだけでなく、AVと現実の違いについてなどのコラムも収録されています。そのなかには、「AV は『エッチを見せる作品』であって、“エロパフォーマンス”が含まれています」「どうしたら画面の向こう側にいる人に興奮してもらえるのか――必然的に、わかりやすさを重視して声を大きく出したり、気持ち良さの表現が大袈裟になります」という出演する側の意見が書かれていますね。

紗倉まな(以下、紗倉):そうですね。撮影でやっていることをプライベートのセックスでもするかと言うと、そうではないんです。

――AVに影響を受けてしまう男性について、どう思われますか?

紗倉:“人に見せるためだけの行為”も含まれているので、それが男の子にとって「セックスの極みだ」とか「これが普通なんだ」と思われるのは違うよな、と感じています。例えば体位をコロコロと変えるのも、映像だと楽しめますが、実際にされると女性は疲れてしまいますよね。実際、「AVの真似してみよう」と誘ってくる男性って多いのでしょうか?

――「激しく触られて痛い」といった話は、よく聞かれます。「影響を受けてるんだろうな……」と感じたことのある女性も多いと思います。

紗倉:そうなんですね。「こういう体位も試してみたいな」と提案される程度ならかわいらしいかもしれないですが、作品中で行われていることを当たり前のように強要するのは、女の子がかわいそう。“セックスの教科書”のように参考にするのは控えてほしいですね。

 

■「あくまでもファンタジー」だと伝えて“洗脳”をとく

――痛い、気持ちよくないといった肉体的な問題もありますが、男優さんのように言葉で攻められて精神的にウンザリ……ということもありますよね。

紗倉:ずっと“隠語”を言ってくるとか、正直「めんどくさい……」ってなりますよね(笑)。でも、男性に伝えるのって、難しいですよね。「それは痛いから嫌だ」と拒否して、向こうが落ち込んで「もう、やーめた」みたいになっても困りますし……。

ただやっぱり、はっきりと伝えて少しずつ“洗脳”をといて、普通に戻していくしかないんだと思います。私もよく男友だちとかに「AVはファンタジーだよ」って伝えてます。「こうしたらいいんだろ」と頭で考えるのではなく、本当に気持ちいいときはどういう反応をするか理解して、さぐっていってくれたらいいですよね。

 

以上、紗倉まなさんに聞く“AVに影響を受けた彼氏”への対処法でしたが、いかがでしょうか?

気持ちの良いセックスは、2人で作り出すものなのだとしたら、男性は“AV”から、女性は“愛されるセックス”といった“マニュアル”からいったん日常を切り離してみませんか?

相手のリアクションを自分の五感で観察しながら、毎回その時の“ベスト”を探り合う共同作業が大切なのかもしれませんね。

 

■イベント情報

・1月14日(土)@ヴィレッジヴァンガード・下北沢店

・1月30日(月)@ヴィレッジヴァンガード・アメリカ村店

イベント内容は以下記事をご確認くださいませ。

http://mess-y.com/archives/39378
【参考】

※ 紗倉まな(2017)『MANA~紗倉まなスタイルブック』(サイゾー)


【関連記事】

でんぱ組.inc夢眠ねむが語る!悪意との戦い方「最も強いのはユーモア」

「ただのOL」を卒業したい…!はあちゅうが語る小さな野心の抱き方

休日にダラダラしても悔やまない!はあちゅう流「豊かな日々の過ごし方」

女優・木村佳乃も感激…キャリアを諦めない!進化形「企業内保育所」がスゴイ

夫婦円満には“距離感”が大切 一夫多妻制アイドル・清 竜人25に聞いた仲良しの秘訣

ピックアップ記事一覧