まるで苺ケーキ!話題のアイス「スーパーカップ Sweet’s」を食べてみた

by

暮らし

トレンド, オススメ, スイーツ

ichi

疲れたときにスイーツを食べると元気になる!という働く女子は多いですよね。

なかでも「苺のショートケーキ」は、シンプルながらも、想像するだけで幸せになれる!という人もいるのではないでしょうか。

そんなショートケーキがアイスクリームになった!?ということで、食べること大好きな筆者が、実際に味わってみました。

 

■軽やかな舌ざわりのスーパーカップは“ラクトアイス”

テレビCMでもおなじみの「明治エッセルスーパーカップSweet’s 苺ショートケーキ」。

明治スーパーカップは、どちらかといえば、軽やかな舌ざわりのアイスクリーム。

種類名称を見てみると、“ラクトアイス”の表示が。

『一般社団法人 日本アイスクリーム協会』のwebサイトによると、

<ラクトアイス(乳固形分3.0%以上)
乳固形分はさらに少なく、植物油脂が使われることもあります。>

軽やかな舌ざわりは、乳固形分の少なさによるためのようです。

 

■4層が重なり合って“ショートケーキ”を再現

パッケージを見ると、アイスクリーム全体が層に分かれているようです。

『明治エッセルスーパーカップSweet’s 苺ショートケーキ』のwebサイトを見てみると、ショートケーキの苺の部分の第1層目は、苺の果肉ソース。ケーキの部分となる第2〜4層は、ホイップクリーム風のバニラアイス、しっとりとしたクッキー、カスタードテイストのアイスとなっています。

 

■まずは“苺ソース”にスプーンを入れると……

ビニールのふたを開けると、真っ赤な苺ソースがひろがっています。

一見、「カチカチ」な氷のように見えますが、スプーンを入れてみると、すうっとソースに入り込んでいきます。苺ジャムのような甘さではなく、ちょっぴり甘酸っぱい、独特の風味です。

 

■アイスというより“ケーキ”としか思えない!

さらに下の層にスプーンを進めていきます。ふわっとしたバニラアイスは、クリームのような舌ざわり。その下のクッキーの歯ごたえは、さくさく感より、しっとり感の方が上回っています。

最後のカスタードは、アイスクリームというより、スポンジを思わせるほど軽やかで、ふんわりとしています。

バラバラに味わった後は、ショートケーキ感を味わうよう、4層いっしょに味わってみます。ちょっぴり歯ごたえのある1層目の苺ソースと、3層目のクッキー部分がアクセントになり、残り2層のふんわり具合とあわさって、まさに苺のショートケーキ!

 

以上、明治エッセルスーパーカップSweet’s 苺ショートケーキの試食レポートでしたが、いかがでしょうか?

コンビニをはじめ、スーパーなどで手に入る同商品。値段は220円(税別)と、他のスーパーカップよりはちょっぴりお高めですが、味わいもリッチ。ちょっとしたご褒美に、手にとってみては?

 

【関連記事】

無意識に使ってる!? あなたが「お金を貯められない」本当の理由

マロン味が口いっぱいに…!新発売のアイス「MOW(モウ) イタリアンマロン」がおいしすぎる

罪悪感ナシ!コンビニで買える「ダイエット中のおやつ」3選

今日からできる!「冷えきった夫婦仲が蘇る」お手軽改善テク4つ 

研究者も驚く!ダイエットで話題「あのスパイス」の脂肪燃焼力

 

【参考】

明治エッセルスーパーカップ Sweet’s

アイスクリームの種類 – 一般社団法人 日本アイスクリーム協会

ピックアップ記事一覧