セックスレスになる前に…!「ご無沙汰のキス」を自然に交わす方法

by

恋愛・結婚

結婚生活, 家庭, 円満

concept for Valentine's Day. lover couple kissing with a red heart in bed

結婚して間もないころは、誰しもラブラブだったはずです。それが、時とともにいつの間にか熱が冷めてしまいます。セックスレスで悩んでいる夫婦も珍しくないものですが、“前兆”があるはずです。

キスをしなくなったというのも、ひとつの目安ではないでしょうか。昔は躊躇いも恥じらいもなくできたはずなのに、今はそのキッカケも分からなくない……。その壁を乗り越えられれば、関係も修復され、再びラブラブな仲に戻れるかもしれません。

今回は、元No1.キャバ嬢で、男性心理に詳しいナナミ・ブルボンヌさんに“ご無沙汰のキスを自然にするシチュエーション”についてお聞きしました。

 

■1:毎日に交わす“挨拶”のキス

「“おはよう”“おやすみ”“いってらっしゃい”と、毎日交わす挨拶のタイミングでするキスであればとても自然です。雰囲気が求められるわけでもなく、気まずい空気が流れることもありません。

最初のうちは照れるかもしれませんが、徐々に当たり前になってきます。回数が増え、自然にできるようになれば、関係修復は目前。まずはあなたから、一歩踏み出してみましょう。

ただし、すでに挨拶もしなくなっている末期的症状の夫婦には適用されません。そういうカップルは、挨拶を交わすところから始めましょう」

 

■2:ありがとうの“感謝”のキス

「最近、“ありがとう”と言っていますか? 一緒に居れば、口にする機会はたくさんあるはずです。言ってないという方は、まずは意識的に使ってみましょう。言われて嬉しくない人なんていません。

すると、相手もそれに返してくれるはずです。そして、大きな感謝を感じたときに、口づけをそっと添えてみてください。

感謝の気持ちが溢れてしまったようで、なんとも可愛らしい。照れる姿も愛おしく感じるはずです。普段から感情を豊かに保つと、キスもより自然な行為になります」

 

■3:あのころを思い出して“ムード”のキス

「キスするような雰囲気にするためには、お互いの気持ちを高めることが大事。それを自然におこなうのには、外的要因に頼ることも必要です。

二人がかつて愛を囁き合っていたような、ラブラブな時期に見ていた映画や、聴いていた音楽を流してみましょう。そういったものは脳に直接働きかけ、かつての記憶や感情を呼び覚まします。

自然と愛し合っていたころの思いがよみがえり、なんとなくいいムードになるはずです。あとはそっと隣に座れば、キスの流れになるでしょう。照れ臭いからといって、逃げ出さないようにしてください」

 

■4:“お酒”の力を借りたキス

「なかなか思うように距離が縮められないようであれば、少し強引さを出す必要があります。そんなときに役に立つのが、お酒です。

男女の関係において、お酒は偉大なパワーを発揮することがあります。いい感じで酔いが回れば、照れ臭さや恥ずかしさといった感情を取り去ってくれます。

しかしこの場合、あなただけが酔っている状態だと、相手に冷めた目で見られてしまいかねません。二人で飲むことが大事。あまり酔いすぎて醜態をさらさないよう、量には気をつけましょう」

 

以上、ご無沙汰のキスを自然にするシチュエーションでしたが、いかがでしょうか?

キスに至るまでには、一緒に音楽を聴いたり、お酒を飲んだりという前段階が重要です。かつてはラブラブな時期もあったのですから、焦る必要はありません。一気に距離を詰めようとせず、ゆっくり過程を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

※ ハグやキスも…59%の夫婦が持っていた「2人だけのルール」にドキッ!

※ ラッキーを呼びこむ!オンもオフも「ときめきスイッチをオン」にする行動

※ 円満夫婦の72%が実践!「愛が長続きする」たったひとつの秘訣

※ やだっバレちゃう…!職場で「キスマークが目立たなくなる」方法5つ

※ いってきま~チュ!忙しいカップルが「キスの頻度」を増やすべき理由5つ

 

【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。

 

【画像】

※ evgenyatamanenko / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧