4位厄除け、2位金運!女性が「パワースポット」に行く理由1位は…

by

暮らし

休日, 旅行, マナー

pixta_23529280_S

仕事で苦しいときやつらいときは心も体も疲れきって「ああ……癒されたい!」と思いますよね。

最近は、そんな“癒し”を求める女性の間でパワースポット巡りが流行っているようですが、あなたは日本や海外でパワースポットに出かけたことがありますか? そして、その効果はどうだったでしょうか。

そこで今回は、メディケア生命保険が全国の20歳~49歳の女性1,000名(未婚・既婚各500名)を対象に実施した「縁結び・金運アップとパワースポットに関する調査2017」の結果をご紹介しましょう!

 

■パワースポットに行く目的1位は“リフレッシュ”

調査では、1,000人中617人が「今年パワースポットに行きたい」と思っていることが判明。61.7%と、かなり多くの女性が癒しや運気アップを求めているようです。

そんな女性たちが「今年、パワースポットに行きたい理由」として挙げた回答は、

1位・・・リフレッシュしたいから

2位・・・金運を上げたいから

3位・・・観光目的で

4位・・・厄除け・厄払いしたいから

5位・・・癒されたいから

という結果に。

1位は「リフレッシュしたいから」。

毎日朝から晩まで働いていると、行き詰ったような気分になってしまいますよね。リフレッシュして新しい方向性を見出せるような機会を求めてパワースポットへ行く女性が多いようです。

2位はズバリ「金運を上げたいから」。金運がつくというパワースポットに出かけて、思わぬお金が舞い込んでくる運を授かりたいものです。

そして3位は「観光目的で」、4位は厄年の女性か、はたまた去年がよくない年だったのか「厄除け・厄払いしたいから」。そして5位は「癒されたいから」という結果でした!

 

■ハワイのパワースポット巡りで注意したいこと3つ

調査中の「海外で行きたいパワースポット」の4位には筆者の居住するハワイの「ダイヤモンドヘッド」が入っています。ハワイは諸島全体が世界一神聖で強大なパワーを持つ場所ともいわれます。

ハワイでも最近“パワースポット巡り”をする日本人観光客が多くなってきましたが、今回はその注意点をご紹介します!

(1)神聖な場所に足を踏み入れない

古代ハワイの伝統として“カプ(KAPU)”という禁止事項があります。今“パワースポット”と呼ばれる場所の多くは一般人には立ち入り禁止だった“カプ”です。古代では立ち入った一般人は罪人として扱われ、処刑されることもあったそうです。やたらと遺跡を歩き回ったり、入るべきではない場所に足を踏み入れたりしないようご注意を。

(2)触らない・持ち帰らない

筆者の知人の観光客が某パワースポットで撮った写真をSNSに載せたのですが、そこには神聖な岩の上に立ち、積み上げられた石に寄りかかる彼女の姿が……! また火山の石などを持ち帰るとこれも“祟り”があると言われます。

(3)パワースポットの特徴を理解する

“パワースポット”と呼ばれる場所の中には、古代王族のみが立ち入りを許された出産の場所や、人間を生贄にして神に捧げた場所などもあり、普通の人が訪れるとかえってマイナスのパワーになるといわれます。行く前にパワースポットの特徴を調べ、やたらと出向かない方が懸命です。

(4)気分の悪くなる場所には行かない

ハワイではパワーが強すぎて霊感が強い人は気分が悪くなる場合も。筆者の友人は山中をハイキング中に霊気を感じて気分が優れなくなり、彼女のスマホ画面がなぜか突然真っ赤に変わったことがあります。自分の直感を信じ、いるだけで気分が悪くなるような場所に近づかないようにしましょう。

 

以上、パワースポットに関する調査と、ハワイのパワースポット訪問の注意点でしたが、いかがでしょうか?

神聖なパワースポットに出向くときは、ルールを守り、その場所に対する敬意の気持ちを忘れずにいたいものですね。

 

【関連記事】

金運1位は伊勢神宮…「初詣に行きたいパワースポット」恋愛運1位はどこ?

2位は絶景!「最高の休暇に欠かせないもの」…1位が興味深い

夫婦仲もアツアツに!? あえて近場に旅行する「ステイケーション」のメリット

一生に一度は行きたい…働き女子を癒す「冬の絶景スポット」5選

※ 5位フィンランド、2位台湾「一人旅女子に人気の海外旅行」1位は?

 

【参考】

※ 縁結び・金運アップとパワースポットに関する調査2017 – メディケア生命保険

 

【画像】

※ iba / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧