頑張りすぎない!ストレスを減らす「心の妊活」意識したい3つのこと

by

妊娠・育児

妊活, コミュニケーション, メンタル

Fotolia_62953783_Subscription_Monthly_M-3

心がガラスのように繊細かつ敏感になっている、妊活中の女性。

次々舞い込む友人知人の“産まれました報告”や、すっかり妊活時代を忘れてしまったように見えるママになった相手の言動に、顔で笑って心で泣いて……そんな女性は、決して少なくないでしょう。

いつ終わるかわからない妊活の道のり、苦しんでばかりではしんどいですよね。

フィジカル面での妊活はもちろん大事。でも同じぐらい大事なのは、メンタル面の妊活、いわば“心の妊活”です。

妊活の大敵・ストレスと無縁になれる!? “心の妊活”のために意識したい3つのこと、実行してみませんか?

 

■1:サプリやホットヨガ……あれこれと頑張りすぎず「ま、いっか!」で

妊活を意識したときすぐに取りかかるのは、基礎体温の計測や、葉酸などのサプリの摂取などではないでしょうか。

ホットヨガやなどのエクササイズ、はたまた、よもぎ蒸しやハリ治療など、妊活にいいらしいと聞けば何でもトライする頑張り屋さんもいるかもしれません。

だけどあまり張り切りすぎてしまうと、体温計測やサプリ摂取を忘れたとき、教室やサロンに通うのが億劫になったときに、自分を責めてしまうものです。

何をしたから授かって、何をしなかったから授かれなくて……なんて、誰にもわかりません。

うっかりしてしまったときも、挫折したときも、「ま、いっか!」くらいの気持ちでいきましょう!

 

■2:妊活情報検索中毒になってない!? 気にしすぎもNG

今や“妊活”でネット検索すれば、様々な情報が溢れんばかりに出てきますよね。

“妊活中は控えた方がいいこと”なども検索したことがあるのでは?

しかし情報過多の現代、「あれもダメらしい」「意外にこれもダメなんだ!」とネット情報に踊らされてしまうことも。

不安でいっぱいの妊活中、情報に敏感になるのは痛いほどわかりますが、情報を鵜呑みにするのは考えもの。

例えば、タバコが妊娠を望む女性にとって百害あって一利なしなのは周知の事実ですが、案外そんなふうに「絶対にダメ!」とされていることって少ないものです。

食べ物や運動、趣味など、「これはどうなんだろう?」と思ったことは専門医に相談してみましょう。

案外「それぐらい大丈夫」という意見が返ってくるかもしれません。

 

■3:子持ちに会うのが辛いなら……会わなくたっていい! 自分の“心”優先で

同じ妊活中でも、赤ちゃんやママに対する思いは千差万別。

どんどん会って抱っこしたり話を聞いたりしたいと思う人もいれば、会うのがつらい……という人もいるでしょう。

「断ったら悪い」「相手の赤ちゃんを可愛く思っていないから、なんて誤解されるかも」などと考えて、無理に会う……そんな気遣いは無用!

会いたくなければ断ればいい、断る理由を言いたくなければ言わなければいい。ただでさえナイーブになっている妊活中、他のことに気を遣いすぎてこれ以上ストレスを溜める必要があるでしょうか?

妊活中は、自分の気持ち=“心”を最優先していいんです!

本当の友だちなら、話せるときがきたときに話せば、わかってくれるはず。

 

以上、妊活中に考えてほしい“心の妊活”でしたが、いかがでしょうか?

ストレスを溜めず、自分の心を大事に……体と一緒に“心の妊活”、ぜひ意識してみてください。

 

【関連記事】

女たちのリアル…!妻が夫のためにしている「妊活の工夫」トップ6

※ もうすぐ働き女子の「心の劣化期」がやってくる!? うまく乗り切るには

「オンからオフへ」サクッと切り替え!平日の夜が劇的に変わる時間術

天海祐希も石田ゆり子も「ソロ女」⁉︎ 結婚しない女性たちの恋愛観

女の嫉妬はこうして撃退!「ハッピークラッシャー女」との距離の置き方

ピックアップ記事一覧