ダイエットと冷え対策に!冬に食べたい「簡単ホットサラダ」レシピ

by

美容・健康

グルメ, ダイエット, 美容

pixta_13443914_S

春を目前に、そろそろダイエットを始めようと思っている働き女子は多いのではないでしょうか。

冬に蓄えた脂肪は簡単には落ちてくれないので、今のうちから徐々に減量を目指したいですよね。

ダイエットのため、積極的に生野菜のサラダなどを食べている人も多いかもしれませんが、それらは冷え性の原因になりかねません。とくにトマトやレタスといったサラダの定番メニューは体を冷やす効果があるので、今の時期には不向き。

おすすめしたいのが、ホットサラダです。カロリーが低く、体を温めて新陳代謝をアップさせる効果も期待できます!

今回は、美容ライターとして内側から美しくなれる美容レシピを日々研究している筆者が、簡単ホットサラダメニューをご紹介します。

 

■1:甘みが出る“土鍋蒸し野菜”

材料は好みの野菜ならなんでもOK。色とりどりの野菜でバランス良く栄養素をとるように心がけてくださいね。

とくに、体を温めてくれる根菜などはダイエット向きです。

材料の例:じゃがいも、にんじん、かぼちゃ、ブロッコリー

作り方(1〜2人分)はとっても簡単! 土鍋に野菜を並べ、50ml程度の水を注ぎ中火にかけ、沸騰したら弱火に落とし、蓋をして15分加熱したら完成。

野菜に合わせる和風ダレは、味噌大さじ1・酢大さじ1・ゴマ油大さじ1/2・しょうが小さじ1・砂糖少々を混ぜ合わせて作ってください。

土鍋は保温効果が高く、野菜の甘みが引き出されおいしく食べられます。

タレは好みのものを合わせるといいですが、マヨネーズはカロリーと脂肪分が高いので避けましょう。

 

■2:栄養満点ホットキャベツと、和と洋を融合させた簡単ソース

フランス人の友人宅で振る舞われた“ホットキャベツ”に感動し、筆者もさまざまなソースを作りにトライしています。そのうちのひとつをご紹介しましょう。

材料:キャベツ1/4、生クリーム100cc、昆布茶小さじ1/3、塩こしょう少々

作り方

1:耐熱容器に入れたキャベツにラップをし、電子レンジで5分加熱する。

2:フライパンに生クリーム・昆布茶・塩こしょうを入れ、弱火で火にかける。湯気が出る程度に熱すれば、ソースの完成。熱したキャベツにソースをかけて食べる。

満腹感が得られ、食べ過ぎた翌日のカロリー調整にぴったりです。

昆布茶とクリームソースは意外と好相性でクセになりますよ。もうすぐ旬を迎える春キャベツでぜひ作ってみてくださいね。

 

■3:ブロッコリーのホットシーザーサラダ

栄養価が高いブロッコリーは、食べ応えもあるので、ダイエット中に積極的に取りたい食材です。茹でて塩をつけて食べるだけでは味気ないので、一手間を加えましょう!

材料:ブロッコリー1房、卵1個、粉チーズ少々、塩こしょう少々、オリーブオイル少々

作り方

1:ブロッコリーを茹でる。茹で上がったら食べやすい大きさに切って、耐熱容器に入れる。

2:ブロッコリー全体にオリーブオイルを少々かけ、粉チーズ・塩こしょうを振りかけます。お皿の真ん中に卵を落とし入れ、ラップをかける。

3:電子レンジで2分加熱。電子レンジから容器を出して、ラップをしたまま2分放置し、蒸したら完成。

タンパク質を豊富に含む卵と一緒に食べれば、バランスのとれたメニューになります。

 

以上、簡単ホットサラダメニューでしたが、いかがでしょうか?

ほとんど切ったり混ぜ合わせるだけのずぼらメニューですが、栄養はしっかり取れて低カロリー!

仕事に疲れて帰宅した夜でも無理なく作れてしまいます。

春までに体重を落としたい人は、美味しく温かく食べられるホットサラダで健康的にダイエットに取り組んでくださいね。

 

【関連記事】

※ エッ…バナナも!? 働き女子の「便秘の原因」となる意外な食品5つ

通勤中の紫外線もカット!シミを作らせない「食べる日焼け止め」3つ

※ そのサラダは…どっち!?「痩せるサラダと太るサラダ」の境界線とは

夏こそヤセやすい!? 医師が推める「痩せ体質をつくる」食事の法則

デスクワーク女子必見!「疲れず美容にもイイ」座り方のポイントとは

 

【画像】

※ Hungry Works / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧