1分でチェック!「O脚になりがち」オフィスでのNG座りかた6つ

by

美容・健康

健康, 職場, 美容

pixta_19651147_S (1)

唐突で恐縮ですけれど、O脚にお悩みではありませんか? オフィスで過ごしている“姿勢”によっては、O脚が加速してしまうこともあるので、要注意なんです。

「子どもの頃はスーッと伸びていたのに、最近はかなり膝が離れちゃってる……」なんて心当たりがある女性は、デスクでの毎日の座りかたが関係しているかもしれません……!

サニーヘルスの「美容に関する最新レポート“今からでも遅くない! O脚を直して美脚&脚長に”」を参考に、O脚を招きやすいオフィスでのNG座りかた6つと、O脚が及ぼすおブス作用をご紹介していきましょう。

美脚を目指す女性ほど、必見です……!

 

■あなたの足はどう? 1分でできる「O脚チェック」

まず、そもそもO脚とはどんな状態なのでしょうか。

同レポートによれば、以下の方法でご自身がO脚なのかをカンタンにチェックできます。

(1)鏡の前に立ち両足のかかとをこぶし一つ分開く

(2)足の人さし指を15度ほど外側に開く

(3)この状態で背筋を伸ばし、ひざをゆっくりと曲げていきその向きをチェック

O脚の疑いがあるのは、ひざが外側を向くタイプの女性です。

では、O脚になるとどんな悪影響が出てくるのでしょうか。

 

■O脚になるとどんな悪影響があるの?

じつは、O脚は遺伝や体質ではなく日常生活で生じるのだそう。

脚の骨が湾曲してしまっているのではなく、骨盤の傾き(歪み)やひざ関節のねじれなどが原因のほとんどなんですって。

そして、骨がゆがむと、リンパや血液の流れが悪くなりやすく、むくみや冷え性などの一因にもなっているのだそうです。

美容や健康にも悪影響を及ぼすだなんて、O脚は侮れませんよね。

先ほどのチェックで、「ヤバっ。外側に開いてる……」というなら、オフィスで次のような座りかたをしていませんか?

 

■O脚を招きやすいNG座りかた6つ

O脚の引き金になりやすい座りかたは、以下の通りです。

(1)椅子に座る際に足首を交差させる

(2)脚を組む

(3)がに股

(4)内股座り

(5)椅子の足の脚を絡ませる

(6)浅く座って背もたれに寄りかかる

これらの座りかたは、骨盤のズレを起こす原因となりやすい傾向に。どの座りかたも、仕事中にうっかりやってしまいやすいものがズラリ並んでいますよね。

無意識の姿勢が、残念なO脚を招いていることもあるのです。

では、O脚を予防するには、どんな座りかたが有効なのでしょうか。

 

■O脚を予防する正しい座りかた

同レポートによれば、椅子に浅めに腰掛けて上半身を背もたれに寄りかかると、腰の骨が曲がり腰椎に負担がかかることで、骨盤が後傾し開きやすい上に、腰を痛める原因にもなるだそう。

そして、正しい座りかたは、骨盤を立てて座る“坐骨”に意識を向けた座りかたなんです。

でも、「坐骨で座るってどういうこと!?」って疑問を感じた女性もいますよね。

カンタンに“坐骨”で座るコツとしては、椅子に腰掛けたときにお尻のお肉を外に逃がし、お尻の奥にある“骨”で座るようなイメージをもちましょう。

しっかりとお尻の骨を“立てる”意識が、“坐骨で座る”ということ。

骨盤が前傾したり後傾したりすると、スタイル崩れにもなります。「オフィスでは長い時間座りっぱなし!」という女性も少なくないはずですから、椅子に腰掛ける際には“骨盤”や“お尻の骨”に注意してみてください。

 

以上、O脚を招きやすいオフィスでのNG座りかたと、O脚によるおブス作用でしたが、いかがですか?

O脚になってしまうと、どことなく見た目が悪いですよね。遺伝や体質だと諦めていた女性もいるかもしれませんが、じつは生活習慣が大きく関係していたのです。

O脚に心当たりがあったかたは、ぜひオフィスでの座りかたに気をつけてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ これぞ…美習慣!「美人のデスク」に常備してあるアイテム3選

※ あなたの席は大丈夫?実は同僚にドン引かれてる「汚デスク」の特徴3つ

※ コレだけは揃えとこう!働く女性のための「鉄板ファッションアイテム」8つ

※ 3位話し方がキツイ…「生理的にムリ」男性に敬遠される女性の特徴1位は

※ 女性が「職場で不利を痛感する待遇」…ヤル気ダウンする1位は

 

【参考】

今からでも遅くない!O脚を直して美脚&脚長に – サニーヘルス

 

【画像】

※ EKAKI / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧