春に向けて準備開始!「やってみたかったコト」を今年こそは実行する

by

暮らし

英会話, 秘訣, 人生

暦上ではすでに春ですが、実際の気候もいよいよ暖かい春の予感がしてきました。春は新学期・新年度ですから、お正月に次いで“新しいことをはじめる”ためのよいきっかけになると感じる人も多いようです。

留学サポートGo Globalの坂口大介氏によると、「当社から留学をされる社会人の方は、10年も20年も前からずっと留学しようかどうかと迷っている人が多くいらっしゃいます。しかし昨今では、1週間から短期留学ができるということでお問い合わせが増えています」とのこと。

何かを新しく始めることは、金銭面はもちろんのこと、気持ちの面でふんぎりがつかないという人が多いのではないでしょうか。

『前田義子の迷わない強運哲学』を参考に、自分らしい生き方をするためのアイディアをご紹介したいと思います。

 

■「今」を楽しめない人には「いつか」はやってこない

「いつか●●をやってみたい」「いつかこうなればいいな……」と思っている人、いませんか? 少なくとも何かしらの行動をしているなら別ですが、何もせずに何年もただ思い描いているだけという人に、その“いつか”はやってきません。

<将来というのは「今の積み重ね」です「今が楽しくなきゃダメ」だと私は思います。「いつか幸せになれる」と思っても、人間いつ何が起こるかわからないし、極端なことを言えば明日はないかもしれません。>

留学でいえば、“会社をやめずに留学する方法”や、“留学をせずに英会話力を向上する方法”を調べるとか、海外旅行にいけば積極的に現地の人とコミュニケーションをとる、日本でも外国人が困っていたらすすんで声をかけるなど、“今”できることはたくさんあるはずなのです。

 

■周りの人に協力してもらえる人間関係も大切

とはいえ、自分の力で収集できる情報量や、自分で動いて広げられる世界は限られています。「留学をしてみたいんだけど仕事を辞めるわけではいかないし、何かいい情報があったら教えてね!」と周囲に知らせておけば、「そういえば1週間でも留学はできるらしいよ」と誰かが教えてくれるかもしれません。

<チャンスを逃さない人というのは、やっぱり周りが支えてくれる人なのです。では、なんで支えてくれるかというと、「わかりやすいから」。ひたむきにかわいげを持って、お願いしますと言われたら、多かれ少なかれ人って力になりたいと思うのではないでしょうか。>

そのためにも、日ごろから周りの人には誠実に接し、共に過ごす時間を楽しむことなど、人間関係を大切にしたり自分自身の人徳を高める努力をするなども、重要になるでしょう。

 

■一般的な常識や他人の考えに振り回されない

周りの人を大切にすることは、周りに迎合するということではありません。人の考えにも当然耳を傾けて理解を示すのがよい人間関係を築くコツでしょうが、その中でも「そういう考えもあるわね。私の考えは●●なんだけどどう思う?」などと、自分の意思もしっかり表明することもまた、大切です。

<迷う人というのは何事も、他人が自分をどう思うかとか世間がどう思うか、他人や社会の価値観で判断しているように思います。>

とありますが、最近また話題になっている『嫌われる勇気』も同じようなことではないでしょうか。全員が全員、あなたと同じ意見・考えであるわけがありません。

「1週間留学したからといって英語力があがるわけでもないのに」「テロが起こるかもしれないのに今留学するなんて考えられない」などと言われれば、「そうかもしれない……」と思ってしまう人もいるでしょう。

重要なのは「自分がどうしたいのか、どう考えるのか」であることを忘れずにいたいものです。

 

以上、自分らしい生き方をするためのアイディアでしたが、いかがでしょうか?

筆者は今年から“チェロ”を本格的に習い始めようと思っています。「大人になってチェロなんて、なんのために?」とか、「チェロなんてまたお上品な趣味ね~」などと皮肉を言う人もいますが、音楽に携わっていたいという気持ちは確かですし、周りがどう思うかは関係ありません!

みなさんはこの春、何を始めますか?

 

【関連記事】

※ 意外とコスパ良し!? 「マルタでプチ英語留学」が増加しているワケ

※ マナビもアソビも欲張れる!働く女性がこの夏「セブ島」に行くべき理由とは

※ 後回しは卒業!仕事も夢も「新しいことを始める」超シンプルなコツとは

※ 2位整理整頓がダメ…先輩に「出世しない」認定される後輩のNG行為1位は

※ せっかく働くなら!「ワークタイムがグッと楽しくなる」心がけ3つ

 

【取材協力】

※ 坂口大介(さかぐち・だいすけ)・・・セブ島、マルタ島留学サポート事業Go Globalを運営し、「チャレンジが人生を豊かにする」をモットーに、幼い子供やシニアの留学など、1週間の留学などもサポートしている。語学学校が100校以上あると言われるセブ島や、イタリアの先にあるマルタ共和国にて自ら語学留学を体験。授業の質や日本人にあった施設を持つ学校を選別し、紹介している。社会人の留学の他にも母子留学、親子留学、シニア留学、法人語学研修などもサポートしている。また、マルタの総合情報サイト『all about Malta』運営も行っている。

 

【参考】

前田義子(2004)『前田義子の迷わない強運哲学』 (小学館)

ピックアップ記事一覧