こんな甘え方がいいな…!年上女子に望む「年下男子」のホンネ

by

恋愛・結婚

コミュニケーション, 恋愛, コツ

20170228

年を重ねれば重ねるほど、人に甘えることって少なくなっていくものではないでしょうか。

両思いである恋人に対しても、なんとなく甘えることを遠慮してしまう方も少なくないかもしれません。

しかし、婚活サービスを提供する「pairs (ペアーズ)」が男性2,515名にアンケートを取ったところ、恋人に甘えられるのが好きと答えた男性は全体のおよそ90%。さらに、恋人にもっと甘えてほしいと答えた男性は、80%にまで上ることが明らかになりました。

そこでBizLadyは、男性500人にアンケートを行い、今回は対象を“年上の女性”に絞って、「年上の女性からどんな風に甘えられたいですか?」という質問を投げかけてみました。

以下、ランキングを見ていきましょう。

 

■ 1位は「少しお酒で酔ってほしい」 その他のランキングは?

男性500人に聞いたのは、「年上の女性からどんな風に甘えられたいですか?」という質問。

ランキングは以下のようになりました。

1位・・・「少しお酒で酔ってほしい」(16.8%)

2位・・・「『ねぇ、キスして』とストレートに甘えてほしい」(12.8%)

3位・・・「『ギュッとして』とハグを求められたい」(11.6%)

同率4位・・・「歩いている時に腕をギュッとしてほしい」(10.6%)

同率4位・・・「『これ開けてくれない?』とビンやペットボトルの蓋を開けるよう頼まれる」(10.6%)

1位となったのは、16.8%が選んだ「少しお酒で酔ってほしい」というもの。年上の女性はいつもしっかりしているイメージがあるからか、お酒を飲んで少し気を緩めてほしいと望んでいる男性が多いのでしょう。

お酒に酔うことで普段見せない素の部分が見え隠れすることになるため、普段とのギャップに男性はキュンとするのかもしれません。

2位となった「ねぇ、キスして」と3位になった「ギュッとして」は、両方ストレートな甘え方。恋人だけにしか見せないまるで猫のような甘え方に、嬉しく感じてくれる男性が多いのでしょう。これも1位と同じように、普段との間にギャップがあるからこそ余計にキュンとするのかもしれません。

同率4位には「ビンやペットボトルの蓋を開けるよう頼まれる」がランクイン。色んな経験をしてきた年上の女性の中には、人に頼らずとも自分の力だけで物事を処理したり解決することができ人って多いですよね。

だからこそ男性が得意とする力仕事は、「お任せください!」と、男性も自信を持って対応することができるのかもしれません。

 

■これだけは注意したい、年下男性への甘え方

男性が望む年上女性からの甘え方をランキング形式でご紹介させていただきましたが、ここからは年下の男性に甘える上で気をつけたいポイント2つをご紹介したいと思います。

(1) 普段とのギャップがあることが前提

年下の男性に甘える際に、キーワードとなるのが“普段とのギャップ”。“普段はしっかりしている”ということが前提にあるからこそ、時折見せる素の部分や甘える仕草にキュンとしてくれるものです。

もちろん相手にもよりますが、普段から彼に依存的であったり、甘えすぎるようなことがないよう気をつける必要があるでしょう。

(2) 年上の女性らしい、“慎ましやかさ”を大切に

“普段とのギャップ”を大切にすると同時に、“慎ましやか”なところも大事。ただ単に甘えるのではなく、「お願いしてもいいかな……?」と、少し遠慮がちに甘えると、年下の男性にとって好印象であるはずです。

“ためらいながらもちょっと甘えてみる”という姿に、愛おしさを感じてくれるかもしれません。

 

以上、男性が望む年上女性からの甘え方でしたが、いかがでしょうか?

年下の男性に甘えるなんて、少し勇気がいることですよね。しかし年上女性のいつもと違う姿にドキッとする男性は結構いるものです。

年下の彼に、たまには年上の女性らしく甘えてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

男性のホンネ…「彼が求めてこない」ピンチになった4つの理由【PR】

胸は「大きい女」がモテる!? プロが教えるバストアップ術【PR】

男性の証言「女性は当然つるつるだと思ってた…」いい加減自己処理はやめませんか?【PR】

※ 彼との愛が深まる!経験者がオススメ「婚前海外旅行」行き先1位は

※ オレって愛されてる…!夫が「妻の愛情を再確認する」瞬間

ピックアップ記事一覧