夫に知ってほしい!「結婚した方が幸せ」と思う妻がたった26%な理由

結婚なんて、しない方が幸せかも……世の中、そう思っている妻が少なくないという事実を、あなたはご存知でしょうか。

そしてそのことに、夫は気づいているのか……おそらく答えは「NO」。

そんなことがわかる、ある調査結果があります。

結婚生活に不満を募らせる妻……その裏には、「結婚当初の約束と違う!」という恨みつらみもあるかもしれず……。

あなたのご家庭にも、当てはまるのでしょうか?

「結婚はした方が、幸せ!」そう言いきれる妻は……たったの26%
結婚、それは新たな家族ができるということ。親兄弟以外に絶対的な味方ができるというのは、何にも代え難いことですよね。

妻にとってそんな夫は、心強い存在のはず……なのですが、世の妻たちの本音を知ると、そうとばかりもいかないようで!?

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメントが首都圏に住む3,000名から回答を得た「生活者調査」には、こんな質問が……「配偶者は自分にとって心の支えであるか」。

それに対し、夫と妻それぞれの回答はこうなっていました。

・「そう思う」+「ややそう思う」・・・夫92%/妻85%

その中で、はっきり「配偶者は心の支え!」と言い切った人だけで比べるとどうだったのかというと……、

・「そう思う」・・・夫56%/妻44%

差がやや広がったのが気になるところ……。では別の質問、「結婚しないよりした方が幸せになれる」については?

・「そう思う」+「ややそう思う」・・・夫85%/妻77%

ではこちらも気になる、「そう思う」に限定した割合は……?

・「そう思う」・・・夫43%/妻26%

なんと、妻の回答割合が3割にも満たない、という結果に!

いったい妻は、結婚生活の何を不満に思い、「結婚なんて、しない方が幸せだったかも」と感じてしまうのか。

その答えのヒントになりそうな回答もまた、この調査結果の中にありました。

「ゴミ出しぐらいで、ドヤ顔しないでよ!」……夫への不満爆発! 妻の家事負担はこれだけ重い
同じ調査の中には、家事に関する質問も。

「毎日あるいは週に2、3回負担する家事は?」との問いに、挙がっていたすべての家事において、妻の回答割合が夫を圧倒的に上回る、という結果になっていました。

つまり、ほとんどの世帯で、家事は妻が多くを負担している、という現実が見えたのです。

さらに由々しきことに、専業主婦世帯を除いた、共働きの男女に絞った回答を見ても、その差の大きさはそれほど変わらなかったのです。

例えば……、

・料理・・・夫24%/妻98%

・洗濯・・・夫23%/妻97%

・掃除・・・夫18%/妻80%

お互い仕事を持っているというのに、この差! ちなみに、差が一番小さかった家事でも……、

・ゴミ出し・・・夫49%/妻85%

夫側は半数に満たない、という結果。しかし、追い打ちをかけるような事実も!

・「家事や育児は協力してやっている」・・・夫73%/妻65%

これは共働き夫婦に限定しない全体の数字ですが、この回答割合からは、世の中の夫の多くが、「自分は家事をやっている」と自負していることがわかります。

だけど妻からしてみれば、「たまのゴミ出しぐらいで、ドヤ顔されても!」とイラッとしてしまうのかも……!?

結婚当初、家事分担について話し合ったカップルも多いでしょう。「あの時、役割を決めたはずなのに!」と、いつの間にかあやふやにされてしまった約束に、さらに不満という人もいるかも!?

そんな現状が、「結婚=幸せ」と答えた妻26%……という少なすぎる割合に繋がったのかもしれませんね。

以上、「結婚した方が幸せ!」と感じる妻が少ない理由でしたが、いかがでしょうか?

妻がひそかに募らせる、結婚生活への不満……夫がそれに気づいていたら、ご紹介したような回答割合の差は生まれていないのでは!? そう思いませんか?

気づいてほしいなら、伝えるしかない。不満は溜めていても、良いことなんてありませんから!

だけどそこはケンカ腰ではなく、「もっと家事を手伝ってほしいな」と、まずは可愛くお願いしてみましょう。