これで夕方の「お疲れ顔」を回避!働き女子に必須の速攻メイク直し術3つ

by

美容・健康

スキンケア, メイク, 第一印象

これで夕方の「お疲れ顔」を回避!働き女子に必須の速攻メイク直し術3つ「お化粧に気は使っているつもりだけれど、夕方はどうしても顔が疲れて見えちゃうみたい……」とお悩みの方、朝のメイクのまま夜までずっと過ごすことで、メイクが単調でつまらない印象を周囲に与えてしまってはいないだろうか? TPOにあわせてメイクを変えたほうが断然、1日が楽しくなる。

とはいえ、ただでさえ持ち歩くものが多い働きウーマンにとって、お化粧ポーチにたくさんのコスメを入れて持ち歩くのは、それだけで結構、大変なことだ。そこで今回は、ビューティアテンダントでもある筆者が、“少しの工夫で簡単”に、メイクの印象をガラッと変えることのできるポイントをお伝えしよう。

ポイントを押さえてしまえば、夕方のひとときが“ただのお化粧直し”でなく、自分も楽しい“メイク変えの時間”になるのでぜひ、意識してほしい。

 

■1:TPOにあわせたアイラインの太さで遊ぶ

オフィスメイク用やビジネスメイクにはアイライナーを細めに引いて、夕方は少し太めに引き直してみよう。これだけで、印象がガラッと変わる。

夜は照明も暗めになるので、少し太めのアイラインのほうが奇麗に見え、写真うつりもはっきりする。宴席や会食の席に行く際には試してみてほしい。

 

■2:夕方はチークを少しだけ強めにする

夕方以降は、仕事の疲れが顔にも出てくるので、くすみを隠すために少し強めにチークを入れてみよう。

太陽光の下では「少し強すぎるかな?」と感じるくらいの濃さまでOK。室内の照明だと、少し強いくらいのほうが顔色はよく見えるし、写真を撮ったときにも顔が華やかに写る。

チークの位置は、小鼻より少し高めの位置にいれたほうが若々しい印象になる。老け顔を回避したい人はぜひ試してみてほしい。

 

■3:唇に光沢をプラスしよう

いつもの口紅に、光沢感をプラスするだけで印象が変わる。昼間のオフィスメイクやビジネスシーンではむしろ光沢は少し抑えるべきだが、夕方以降は潤いを足すことで健康的に見せてしまおう。

周囲の人に「顔が疲れているね」と言わせないためにも、リップの質感はとても重要だ。グロスを重ねる定番手法の他に、リップクリームを多めに塗るだけでも簡単に光沢が出せる。試してみてほしい。

 

以上、働きウーマンにオススメしたい、短い時間でメイクのプチチェンジを図ることのできる、簡単な3つの方法をご紹介したが、いかがだっただろうか。

この他にも、アイシャドウを持ち歩いている人は、朝は薄めにつけて、夜になるにつれて濃い色味を目の際から入れていくといったテクもオススメだ。さらに、ファンデーションの色を、朝よりも少し濃くするように意識すると、顔を白浮きさせずに“くすみ”を隠す効果もある。また、宴席などの夜に撮影する写真は「少し濃いかな?」と思うくらいのメイクのほうが、顔色がよく映るという嬉しい効果もある。

TPOにあわせてメイクを変えるように意識すると、1日が断然楽しくなる。ぜひ、今回ご紹介したようなテクを効果的に使ってみてほしい。

 

【関連記事】

今日は何回笑った?あなたに笑顔をもたらす「4つの大事な心がけ」とは

これで大人ニキビも撃退!「不規則な生活」をカバーする3つの習慣

髪を傷めるだけ!毎日のヘアケアで「絶対してはいけない」5つのポイント

コレだけは揃えとこう!働く女性のための「鉄板ファッションアイテム」8つ

これは使える!手持ちの仕事服で「ほどよいこなれ感」を出せる3つの裏技

ピックアップ記事一覧