心と体を癒やす植物の力!オフィスでも家でも使える「アロマ」の選び方

by

美容・健康

スキンケア, ストレス, メンタルヘルス

心と体を癒やす植物の力!オフィスでも家でも使える「アロマ」の選び方仕事をしていると、ストレスの多い日や、どうしてもやる気が出ない日があるだろう。そんなときはアロマの力を少し拝借しよう。

植物が生きるために放出する“命の恵み”ともいえる香りの成分を利用して、私たちに自然のパワーを分けてもらうのがアロマテラピーだ。とくに心身共に頑張り過ぎちゃったときや、元気になりたいとき、癒されたいときなど、その時々のお悩みを、精油の特徴を使い分けることによって効果的に解消できると、専門家はいう。

そこで今回は、働く女性が上手にアロマを取り入れるコツを、アロマ専門家でエステティシャンの今井通子氏に伺った。早速見ていこう。

 

■1:仕事モードにしたいときはコレ

「仕事モードにしたい時は、交感神経を優位に立たせてくれる精油を選ぶと良いでしょう。そこに、集中力アップ、記憶力アップ効果のある精油をブレンドしてあげたら、仕事の能率アップも期待できますよ!

オススメの精油は、シナモン、ローズマリー、ペパーミント、バジル、レモンです。職場では周りの人もいるので、スプレータイプを使ってこっそり仕事モードで使いましょう。

アトマイザーに精油+アルコール+精製水を希釈した物を、アロマフレグランスとして入れて持ち歩き、集中力が切れて来た時にハンカチなどに“シュッ”と振りかけて深呼吸したり、マスクにスプレーしてしばらく着けているだけでも、一瞬で気分をリセットすることができます」

 

■2:ゆっくり休むオフの時間にはコレ

「夜は昼間がんばった分、脳を休ませてあげると良いですね。オフにするには副交感神経を優位に立たせてくれる精油であるマンダリン、ゼラニウム、ラベンダー、ネロリ、プチグレンを使いましょう。

お風呂に入れたり、ホホバオイルなどの植物油と混ぜたオイルでフットマッサージをしたり、アロマフレグランスにしてマクラにスプレーすると脳がリラックスできるので、質の良い睡眠がとれて、翌朝もスッキリ起きられますよ」

 

■3:働く女性の救世主になる万能オイルはコレ

希少価値の高い“あるオイル”のことを、働く女性の救世主になるので覚えていてほしいと今井氏はいう。

「それは、精油の女王と呼ばれる“ダマスクローズ”です。一つの精油でこの交感神経と副交感神経のバランスを絶妙に整えてくれます。女性ホルモンのバランスも整えてくれるので女性ならではのお悩みにも最適な精油です。

ローズは希少価値が高く、本物の精油は5gの相場が3万円前後と高価ですが、一本持っておくと様々な活用ができ、働く女性の救世主となってくれるでしょう」

 

以上、働きウーマンがアロマを効果的に取り入れるコツを3つご紹介したが、いかがだっただろうか。

実は、今回ご紹介した精油でも、自分が「嫌だな」と感じる香りは、精油の効果効能に限らず使うのを避けるべきだと今井氏は言う。これは動物は本能で必要な物と要らない物を嗅ぎ分けるからだそうだ。

「とくに嗅覚は五感の中で唯一、本能の部分にダイレクトに届くので、“苦手”と感じる精油は“その成分はもう足りてるから要らないよ”と言うサインなのです。

逆に“この香りたまらなく好き”と感じる精油は、その成分を欲していると言うことなので、本能に従って香りを見分けていると間違いないのです」

自分の直感を大切にしながら、上手にアロマを使い分けていこう。

 

【関連記事】

※ これだけは揃えておきたい!「働く女性のアイシャドウ」定番カラー3つ

※ 今日は何回笑った?あなたに笑顔をもたらす「4つの大事な心がけ」とは

※ これで大人ニキビも撃退!「不規則な生活」をカバーする3つの習慣

※ 髪を傷めるだけ!毎日のヘアケアで「絶対してはいけない」5つのポイント

※ コレだけは揃えとこう!働く女性のための「鉄板ファッションアイテム」8つ

 

【取材協力】

※ 今井通子・・・ローズ美容コンサルタント。ハートネット有限会社代表。メディカルアロママスターでもある。AEAJマロマテラピー検定1級、INFAエステティシャン国際ライセンス、インターナショナルエステティシャン ゴールドマスターなどの資格を有する。2014年11月、オリジナルローズオイルを使って心と身体を癒しに導く『ローズドレナージュサロン m i』をオープン予定。

ピックアップ記事一覧