コンプレックスにさようなら!働きながらできる「バレナイ美容整形」4つ

by

美容・健康

スキンケア, メイク, 老化

「もう少しだけ、外見がよければ得だったかもしれない」という思いを抱いたことのある読者は少なくなかろう。

たしかに外見が改善されれば、生活全般が好転していく可能性は大いにある。とくに恋愛や仕事においては、必然的に男性との関わり合いがメインとなるため、女性としてそのルックスがキーとなる場面があるのも頷ける。

とはいえ、日々忙しく働いている女性にとって、ガチな美容整形手術はハードルが高いだろう。

そこで今回は、忙しいあなたでも、外見を周りに気づかれないよう、こっそりと改善させることができる“プチ整形”についてご紹介する。美容外科の看護師として働く大木アンヌさんに、“働きながらできるオススメ美容整形4つ”をお教えいただいたので、さっそく見ていこう。

 

■1:ボトックス

「まずオススメしたいのが、ボトックスです。

ボトックスというのはボツリヌス毒素から抽出した成分を言います。これを注射することで、筋肉の動きを抑えて弛緩させ、注射した部分のしわを取ってくれる効果があります。

えらに打てばフェイスラインがすっきりと、ふくらはぎに打てば足がほっそりとしたりも。

また、注射後時間をかけて徐々に効果が出るため、毎日会う会社の人はまったく気がつかないでしょうね」

 

■2:サーマクール

「アラサーになってくると、誰もが気になってくる頬のたるみ。これをリフトアップによって解消・緩和してくれるレーザー治療です。

こちらも、メスを使わない治療なので、いわゆる切って縫っての美容整形に抵抗のある人にもオススメです。

ボトックス同様に、術後から時間がたつにつれて徐々に効果が現れます。ただ少し費用が高いですね」

 

■3:ヒアルロン酸注入

「ヒアルロン酸注入というと、テレビなどで聞きなれた人もいるかもしれませんね。

これを顔に注入して、頬のこけや、ほうれい線など、老化によって生まれた顔の“凹み”ともいえる部分を修復するプチ整形は、お手軽ですぐに効果がでます。

胸に入れれば、自然なバストアップも可能。また、術後のダウンタイムも短いので、その日からお化粧をすることができたりもします」

 

■4:医療脱毛

「季節のせいか、街中でも脱毛の広告を目にすることが多くなりました。

美容外科で受ける脱毛は、美容エステで受けるものより精度が高くオススメです。医療用のレーザーを使用できるためですね。

定番のワキ脱毛はもちろん、顔の脱毛も人気です。これをすると、顔色がワントーン明るくなると評判です」

 

以上、“働きながらできるオススメ美容整形4つ”をご紹介したが、いかがだろうか? これらについて、美容整形というイメージが無い方もいらっしゃるかもしれない。

一昔前と違い、女性の間でもプチ整形はより一般的になり、それに対する男性側の抵抗感も徐々に薄れてきた感がある。

しかしいうまでもなく、美容整形にはリスクもある。あくまでこれらは単なる情報提供として受け取るに留め、実際に試してみる段には自分自身で医師に詳しく相談の上、完全なる自己責任で行ってほしい。

 

【関連記事】

SNSが原因で不採用も!イタいOLがやりがちなNG投稿パターン4点

※ 一発でKY認定!? 仕事での「LINEグループ利用」でやっちゃダメなこと4つ

※ 使ってたらヤバい!仕事上で「うっかり間違えやすい」言葉使い5つ

※ ノリで聞いちゃダメ!上司には「絶対しちゃダメな」イタすぎる質問5つ

 どこまでOK?「常識がない」と思われないオフィスカジュアルのルール

 

【取材協力】
※ 大木アンヌ・・・ルーマニア人ハーフの看護師。家庭や恋人同士で使える簡単な医療の知識を少しでも伝えていくため、ライターとしても活動中。アニマルセラピストでもある。ツイッターはこちら

ピックアップ記事一覧