ケンカ売ってんの!? 独身女性を「敵にまわす」既婚女性のNG話題4つ

by

恋愛・結婚

コミュニケーション, 人間関係, 婚活

現代ではひと昔前と違って、結婚するもしないも女性の自由だし、仕事と恋愛や結婚の両立についても、それぞれが個人のペースで進められる時代となった。今は仕事に集中したいからと、あえてシングルを選択している人もいるだろうし、結婚しながら仕事も両立している人もいるだろう。

そんな同じ働きウーマン同士であっても、パートナーがいる・いない等のプライベートで置かれている環境が違うと、何気なく言ったひと言が相手にグサッと刺さってしまうこともある。特に、もともとの友人関係ではない、少し親しくなった間柄の仕事関係者であれば、なおのこと、話題には気をつけておいたほうがいいだろう。

その“ひと言”のせいで、「デリカシーのない人なのね!」とドン引きされてしまい、その後の仕事上の人間関係にヒビが入るようなことは、絶対に避けたい。

そこで今回の記事では、情報サイト『マイナビウーマン』の「ちょっと言わせて! 独身女子が、既婚女子に“内心やめてほしい”と思うこと4選」を参考に、仕事関係のシングル女性には絶対言わないほうがいいNG話題についてご紹介していこう。

 

■1:“独身=負け組”と感じさせること

飲みの席などで、なにげないガールズトークの話題だったはずが、相手からすれば「何様?」と思われてしまうような、例えば「だから○○ちゃんの恋愛は続かないんだよ~」「そろそろ婚活したほうがいいんじゃない? 誰か紹介するよ~」などと、結婚するのが当たり前!という前提での会話は、絶対に避けよう。

上から目線で話をしたとして、相手から恨みを買うことはあっても、感謝されることはほぼないだろう。

 

■2:妊娠ネタや妊活の話題

自分が妊活中だったり妊娠中だったりすると、つい目の前の人に話したくなってしまうものだろうが、相手がどう受け取るかを考えて極力避けたほうがよいだろう。

特にSNSでは無防備になりがちだが、仕事の関係者も繋がっている場合には、妊娠や妊活の話題は生々しすぎるため気をつけてほしい。

また、妊娠報告や出産報告も過度にはしゃがずに、あくまでも“報告”であるというスタンスで伝えたほうがスマートだ。

 

■3:旦那さんやパートナーの話題

明らかなノロケ話をする人は少ないだろうが、なにかというと「旦那が、旦那が」と夫の話題ばかり出すのは控えたほうがいい。

笑い話のネタとして提供したつもりでも、聞いているほうにはノロケと受け止められたり、不快な場合もある。夫だけでなく、恋人の話題も控えるように気をつけよう。

 

■4:子どもの話題

SNSで毎日のように子どもの写真を投稿したり、ランチタイムにはなにかというと子どもの話題だったり……子育て中は、子どもの話題が中心になってしまうという女性も少なくないだろうが、その話を聞く相手の状況も思いやる余裕を持ちたいところだ。

相手は不妊治療中かもしれないし、子ども嫌いな人かもしれない可能性もあるので、子どもの話もほどほどにしておこう。

 

以上、あなたが既婚女性の場合、仕事関係者の独身女性には避けたほうがいい話題を4つご紹介したが、いかがだっただろうか。

もちろん仕事関係者であっても、友人のように親しくなっていくうちに、様々なプライベートを話す仲になるだろう。でも自分がよかれと思って提供した話題によって相手が傷ついたり恨みを買ったりする危険のある話題は避けるべきだ。最近ではSNS上で仕事関係者と繋がる人も多いので、SNS投稿時にもある程度は気をつけたほうがいいだろう。

大人の女性として、相手の置かれている環境にお互いに配慮をしながら、上手な人間関係を構築していけるようにしておきたい。

 

【関連記事】

忙しい女子に朗報!たったこれだけで素肌力がアップするアイテムを発見

内側からキレイに!美しいパリジェンヌたちが「超硬水」を選ぶワケ

ぶつぶつ毛穴も乾燥悩みも!あの有名女優もご愛用の簡単●●美容って?

多忙でも放置NG!働き女子が「いつでも自慢の素肌」を取り戻すための習慣とは

もう飲んでる?働き女子の癒やしトレンド最前線は「ノンカフェインティー」

【参考】

ちょっと言わせて! 独身女子が、既婚女子に「内心やめてほしい」と思うこと4選 – マイナビウーマン

ピックアップ記事一覧