これは使える!手持ちの仕事服で「ほどよいこなれ感」を出せる3つの裏技

by

職場

ビジネスマナー, ファッション, 第一印象

これは使える!手持ちの仕事服で「ほどよいこなれ感」を出せる3つの裏技

“こなれ感”というキーワードがここ数年、ファッション雑誌を賑わせている。だが、ビジネスシーンで着ている洋服に“こなれ感”を出そうとすると、“ちょっとだらしない人”と紙一重になってしまいかねない。それは避けたい。

この“こなれ感”というのは、通勤服で出すのが意外と難しい。カッチリ着れば着るほど“無難な着こなし”となる。真面目なシーンではそれでいいのだが、やはりファッション好きな女性であれば、通勤服であっても「こなれ感を出していたい!」と感じる人も多いのではないだろうか。

では、どこをどう意識したら、通勤服でも“こなれ感”を演出できるのだろうか?

そこで今回は、ビューティアテンダントである筆者が、通勤服でも“きっちりしてるけれど、こなれた着こなし”を実現させるポイントについて、ご紹介していこう。

 

■1:袖を折る・まくる

袖は“こなれ感”が出しやすいポイントだ。でも、ただ“まくるだけ”や、ただ“折るだけ”というのは、仕事中であればあるほど“作業のために折ってみました!感”が出てしまう。

こなれた印象を与えるには、いったん折ってから、バランスを見ながらラフ感を出して、袖の高さを上げていくのがポイントだ。

 

■2:シャツ襟の開き具合

シャツの場合、何番目のボタンまで留めるのが好ましいのだろう?

かっちりした印象を与えたいときは、1番上まで留めるか、開けても1つだけにしておくのが無難だが、アフター5などちょっと遊びのシーンでそのまま“こなれ感”を出したい人は、第2ボタンまで外し、襟を少し立てるだけで、グンと“こなれた印象”になる。

 

■3:着崩した感を1カ所で演出

例えば、パンツであれば七分などのハンパ丈パンツをチョイスしてみたり、ジャケットであればジャージ素材をチョイスしてみたり、ヒールは高すぎない5~6センチのヒールをチョイスしてみよう。いつものコーディネートの中で、なにか1つ“ハズシ”の要素をいれることで、通勤服でも“こなれ感”を演出しやすくなる。

 

以上、通勤服での“こなれ感”の出し方についてご紹介したが、いかがだっただろうか?

アフター5にパーティやレセプションなどの予定が入っている日などは、あまり真面目すぎる格好で行くと、かえって浮いてしまうということにもなりがちだ。

今回ご紹介したポイントをうまく活用して、トレンドの“こなれ感”を通勤服でも、ぜひ楽しんでいただきたい。

 

【関連記事】

まずはちゃんと悲しむこと!働き女子が「失恋から立ち直る」8のステップ

あなたもスメハラしてるかも!? 今すぐできる「夏の汗のニオイ対策」コツ4つ

現役モデル直伝!オフィス内で「デキるOL」に見せる歩き方のコツ3つ

いまアメリカで大論争の「女性のやる気を奪うある言葉」とは?

ビットコインって何?知っておかないとヤバい「仮想通貨」の仕組み

ピックアップ記事一覧