成功への近道!?婚活女子に最適な「出会いの多いおけいこ事」厳選3つ

by

恋愛・結婚

イベント, 休日, 婚活

「平日は家と会社の往復。週末は出会いを求めて合コンに出かけるが、合コンで彼氏ができたためしがない……」という女性に今、お勧めなのが“おけいこ通い”。

近年“男性のおけいこ通い”が増えてきており、会社を経営している男性が参加している割合も多いのだそう。

「おけいこに通う男性は仕事ができる方が多いようで、人とのご縁を大切にされる傾向が強いですね。探求心が旺盛で、文化意識が高い方が多いです」と教えてくれたのは、“おけいこコンシェルジュ”を運営する、株式会社リアルコンシェルジュ代表取締役の中岡千恵さんだ。

今や1兆9,910億円にものぼる“おけいこ”市場。(矢野経済研究所調べ)「信頼できる先生の下で出会い、同じ趣味を通じての出会いは、親密になりやすいようですね」という中岡さんに、最近どのような“おけいこ事”が男性に人気があるのかを伺ってみた。

 

■1:ワイン、日本酒のお勉強会

ワインの勉強、と聞くと「ソムリエの勉強なんて難しそう!」と思いがちだが、最近はもっとライトにお酒を学ぶことができるそうだ。マナーやワインの産地、どんな食事と合うのかなど、ワインを飲み比べながら探究する。

お勉強会後は皆で食事をしながらワイン談義にも花が咲きやすいし、いい出会いがあれば、「おいしいワインのお店にいきませんか?」と誘いやすいのも魅力のうちと言えるだろう。

 

■2:レストランの料理長やバーの店長が主催する料理教室

料理教室は敷居が高い、という男性も多いのだが、行きつけの和食店やイタリアンのお店、バー等、“できる男性”は、普段から食の意識が高く、心地よく過ごせるお店を知っているものだ。そういったお店の店主が主催する料理教室は、大切なお客様だけを集める。

もちろん、お客様の仕事やプライベートのこともよく知っている店主がメンバーを集めるのだから、素敵な出会いの確度も高いのである。

 

■3:茶道

意外だったのが、この“茶道”。茶道といえばおしとやかな女性を連想させるが、茶道=女性となったのは、実は明治時代以降のこと。それまでは千利休をはじめ、男性がたしなむものだった。今もその流れがあり、裏千家茶道には各地域に青年部があり、若手起業家や二代目経営者といった男性が日本文化をしっかり学んでいる。

優秀な男性は、日々お世話になっている人とのお付き合いや文化を知る、学ぶことに熱心だ。

 

以上、男性に人気の“おけいこ事”を紹介したが、いかがだろうか。

中岡さん曰く、「自分の“学びたい気持ち”を大切にして良い先生に出会うことが、“よいご縁”につながりやすいようです。良い先生の元には男女を問わず、素敵な人が集まっています。おけいこに出会いがあるというよりも、“好奇心を探求する気持ち”がご縁を運んでくれるのかもしれません」ということだ。

その他、ペアやグループで取り組むゴルフや英会話などもおすすめとのこと。おけいこコンシェルジュのキャッチフレーズにもあるように、“より豊かで美しい生き方”をしている素敵な男性との出会いがあるかもしれない。

 

【関連記事】

トイレですっきり!93%が効果を実感の「ムリせずどっさり」の秘訣とは【PR】

テク不要で「毛穴レス美肌」に♡杉本彩も注目の●●美容法とは【PR】

多忙でも放置NG!働き女子が「いつでも自慢の素肌」を保つ習慣とは【PR】

ベッキーも罠に!? 不倫常習男が使いがち「ゲスの極みな口説き文句」4つ

職場でモテ独占!男性陣をキュンっとさせる「ちょいセクシー」テク3つ

 

【取材協力】

※ 中岡千恵(なかおか ちえ)・・・株式会社リアルコンシェルジュ 代表取締役社長。

「お稽古事を通じ、より豊かで美しい生き方を応援する」を理念に掲げ、“おけいこコンシェルジュ”というおけいこ事紹介サイトの運営をする。その他、「趣味を生かして人に教えたい」という女性のビジネスサポートも行う。

 

【参考】

お稽古・習い事市場に関する調査結果2014 – 矢野経済研究所

 

【画像】

Ceremonial Tea Hideyuki KAMON

ピックアップ記事一覧