オトナの処世術!「気乗りしない食事」に誘われたときのクールな対処法4つ

by

職場

グルメ, コミュニケーション, 人間関係

職場の人間関係というのは一方通行なことが多く、とくに上司から部下、男性社員から女性社員への(恋愛感情に限らぬ)好感は、相手からしたら面倒に感じることも多い。

読者のなかにも、普段から行きたくもない相手にランチやディナーに誘われたりして辟易(へきえき)しているという人がいるかもしれない。そして、それを無下に断れないのがこの種の人間関係の一番厄介な点である。

では、うまく立ち回り面倒を回避する方法はないのか? そこで今回は、食事のオファーに対応させたらプロ級の、元NO.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに、“気乗りしない食事に誘われたときの対処法”について語っていただいた。

 

■1:誰かを誘う

「おそらく食事に行きたくないのは、2人きりだからというのも大きいでしょう。3人だったら自分の負担も和らぐし、ずいぶんと気が楽になるはず。

“○○さんも誘っていいですか?”と切り返せば、相手も“じゃあいいや”となることだってあります。下手に断るよりも、よっぽど懸命な対応ですよ」

 

■2:逆に誘う

「それでも行きたくないなら、断り方を工夫しましょう。

ずばりオススメなのは、“今日はすみません。またこちらからお誘いします!”という返し方。女性から食事に誘ってもらえるという高揚感から、その場はひとまず誘いの手を緩めてくれるはずです。

もちろん、後日誘う必要はありません」

 

■3:どうしても断れないなら

「相手がどうしてもと言って聞かない場合や、断りすぎてさすがに今回は行かなくてはいけなさそうな場合には、負担の軽いお店にしましょう。

おそばのお店なんかは、すぐに帰る流れになりやすいのでオススメですよ。お酒を飲まないなら、お寿司なんかもいいですね。

“今日お腹の調子がよくなくて、軽いものでもいいですか?”と答えればOKです」

 

■4:ランチ

「なんだか相手から危険なオーラを感じる。異性として見られまくってる。

そんなときにディナーに行くのはオススメしません。変な関係を迫られたら、仕事にも支障をきたしますから。

なんとかランチに逃げましょう。超高級店で、ランチがお手軽な値段のお店を選んで、“じゃあ連れて行ってほしいお店があるんです!”とそこを紹介。

“じゃ、じゃあ、ランチに行こうか”と向こうから言ってくれるはず。金のかかりそうなオンナだな、と下心を引っ込めてくれることも期待できます」

 

以上、気乗りしない食事に誘われたときの対処法をお伝えしたがいかがだろうか?

男性からの誘いの上手な断り方と、仕事の上手な進め方には共通点もある。クライアント(相手)の要求をのみつつ、こちらの意思を通すという点だ。

今回紹介したスキルに習熟すれば、仕事の腕も上がる、かもしれない。

 

【関連記事】

※ 仕事で使いたい! コンビニで買える「本当に使えるボールペン」ベスト3

※ 一瞬で場が凍る…上司との宴席で「絶対やってはいけない」4つのこと

※ 今こそ確認しておきたい! 働く女性のための「熱中症予防」の基本4つ

※ 笑顔だけでは通用しない!上司が「出世させたい」と思う部下の特徴6つ

※ 気にしすぎたら自爆!「苦手な同僚」とうまく付き合うための5つの秘訣

 

【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをするかたわら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。

ピックアップ記事一覧