真面目な女性ほど注意!職場で「絶対に涙を見せてはいけない」理由とは

by

職場

ストレス, ビジネスマナー, メンタルヘルス

あなたはオフィスで涙を見せたことがあるだろうか? “女の涙は武器”と言われた時代は、もう昔のこと。『マイナビウーマン』が行った調査では、「職場にいたら嫌なタイプの女の子は?」という男性への質問に対し、「すぐ泣く女子」との回答が23.8%と1位であったという。

『Bizlady』の読者の中には、キャリアが円熟してきたという方々も少なくないだろうが、ビジネスシーンでの涙はご法度だ。いくら泣きたいほどの理由があっても、涙1つで今まで積み上げた評価を下げてしまうこともあるのだ。

そこで今回は、なぜ女性が職場で涙を見せてはいけないのか、その理由をご紹介しよう。

 

■職場で泣きたくなる理由とは?

そもそも、なぜ職場で泣きたくなるのだろうか? キャリアウーマン向けサイト『Woman Type』が行った調査によると、職場で泣く理由は大きく分けて2つあった。

1つ目は理不尽な叱責を受けたり、納得できない状況に置かれた場合。自分にばかり仕事が集中しているのに誰もわかってくれない、上司から理不尽な叱責を受けたというような、“悔し涙”が目立った。

2つ目は自分の失敗や、うまくできないことに対する自己嫌悪から。社会人の経験が長くなると、仕事の幅が広がり責任も重くなる。そんな時、仕事が思い通りにいかない、こんなはずじゃない、と感情が高ぶってしまう人も多いようだ。

どの理由も、真面目に働く女性だからこそ起こりうるものだろう。だからこそ、涙を流すことで評価が下がることにつなげるのだけは避けたいところである。

 

■職場で“感情的”になる女性は嫌われる!

『マイナビウーマン』の調査によると、職場にいると嫌なタイプの女の子として、1位の「すぐ泣く女子」の次には、「すぐ怒る女子」が22.8%と並んでいる。ここからわかることは“すぐに感情的になる女子”は嫌われるということだ。職場で涙を流す人は、“感情をコントロールできない人”と判断されてしまうのである。

前述のように、真面目に仕事に取り組むからこそ出てしまう涙だとしても、周りからはそう思ってもらえないのが現実なのである。

 

■涙をこらえきれなくなったらするべきこと

オフィスには以外と逃げ場は多いものだ。まずは、席をすぐに離れよう。別の空間に移動すると気持ちが切り替わることもある。

トイレでこっそりすすり泣く、更衣室で深呼吸、近所のコンビニエンスストアでお気に入りのスイーツを購入……。

どんな方法でもいい、自分なりの気持ちの切り替えパターンを持っておこう。ただ、涙でマスカラの落ちた“パンダ目”では泣いたことがバレバレなので、席に戻る際には鏡で自分の顔のチェックを忘れずに。

いろんな感情が渦巻いている時には、つい客観性を見失いがちになるだろう。だが、大人の女性であれば、ほんのひとかけらの余裕を残しておきたい。

 

以上、職場で絶対に“涙を見せてはいけない”たった1つの理由についてお届けしたが、いかがだろうか?

最近では“涙活”という言葉もよく使われているように、涙のストレス解消効果は医学的に証明されている。涙を流して感情を発散させると、いつの間にか悩んでいたことがどうでもよくなっていた、なんて経験は誰にでもあるだろう。

しかし、オフィスで人の涙を見ることは、周りにいる人にとってあまり気持ちのよいものではない、ということは覚えておいた方がよさそうだ。

 

【関連記事】

ガス抜きは慎重に!誰かに「仕事の愚痴」を聞いてもらうときの注意点2つ

男性からも嫌われる!? 「寿退社希望」の女性が職場で注意したいポイント3つ

元NY市長の方法に学ぶ!問題解決力をアップさせる3つのメソッドとは

備えるなら今すぐに!「知識労働者の時代」を生き抜くための仕事のヒント

これだけは揃えたい!働き女子が「本当に使える」着回しマストアイテム3つ

 

【参考】

※ うっとうしい! 男子に聞いた「職場にいたら嫌な女子」トップ10 – マイナビウーマン

仕事で泣く理由は「理不尽」と「自己嫌悪」! 女性がオフィスで涙したエピソード集 – Woman type

ピックアップ記事一覧