いつも心に留めて!毎日実践したい「仕事で成功するための習慣」3つ

by

仕事

ビジネススキル, マネジメント, 出世

あなたは、「いつか仕事で成功したい!」と強く思っているタイプだろうか? 仕事をするからには精一杯の努力をし、できることならトップを目指したいものである。しかし、成功というものは、何もしなくても突然天から降ってくるものではない。毎日の努力と積み重ねこそ、成功への近道なのである。

「じゃあ、毎日何をしていれば成功へたどり着けるんだろう」というあなたに、英語ビジネス系サイト『Business Insider』からの情報を参考に、仕事で成功するために“毎日実践するべき習慣”を紹介しよう。

これらをいつも心に留め、成功への指針としたい。

 

■1:自分でモチベーションを上げる

たまに、人の話や本にハッとさせられて、「私も頑張らなきゃ!」と思うくらいではまだまだ甘い。成功する人は、自分で自分を常に叱咤激励しつつ、モチベーションをアップさせて、前へ前へと進んでくのである。

「自分のレールは自分で敷く!」くらいの気持ちを持ち、毎日何を改善できるか、どうやったら進歩できるかを考え、成功を手にした自分を常に頭に描きながら仕事をしよう。

毎朝、「今日なすべきこと」のリストを作り、それを指針にしていくのもいい方法だ。そして、何かを成し遂げたあかつきには、自分を奨励する“褒賞品”としてプレゼントを買ってもモチベーションが上がるかもしれない。

 

■2:優先順位をはっきりさせる

自分が真っ先にやるべきことを理解し、優先順位をつけて、順位の高いほうから集中して仕事を片付けていこう。

前項のように、毎日、毎週、毎月の「仕事の優先順位と成し遂げること」のリストを作成すると、自分がどの地点にいて、今するべきことは何かがわかりやすい。

そして、それほど大事でないタスクに気を取られて、時間を無駄にしないように“フォーカス”するのを忘れないことだ。

 

■3:PDCAサイクルを意識する

仕事を進めるうえで自己を成長させるために重要なのは“きちんと振り返ること”である。Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)と言われるように、このサイクルをしっかり日々の小さな業務にも組み込んでいくことが重要だ。

1つのプロジェクトが終了したら、お祝いする前に自分の果たした役割や仕事内容をしっかり振り返り、今後の改善点や失敗したことについてよく考えてみよう。

「終わったからいいや」で済ませずに、しっかり振り返って次回のプロジェクトに役立たせたい。

 

以上、仕事で成功するために“毎日実践したい習慣”を紹介したが、いかがだろうか?

何も考えずに手探りで進むのではなく、自分自身のゴールを決めて、モチベーションを高めつつ毎日努力を積み重ねて、将来の成功に近づいていこう。

 

【関連記事】

※ 笑顔だけでは通用しない!上司が「出世させたい」と思う部下の特徴6つ

※ たったこれだけで差がつく!「仕事が劇的にデキるようになる」6つの心構え

※ あなたが「会社から必要とされる社員」になるためのたった1つの方法

※ いったいどこで差が付くの?会議でわかる「デキる人」がしている行動とは

※ 飛び立つ前に確認を!知っておきたい「プチ起業」の落とし穴3つ

 

【参考】

Doing These 4 Things Every Day Can Make You More Successful At Work – Business Insider

ピックアップ記事一覧