これなら手軽!仕事で気乗りしないとき「やる気を引き出す」速攻テク5つ

by

仕事

ストレス, ビジネススキル, メンタルヘルス

「やらなくてはいけないことが山ほどあるのに、スイッチが入らない」というのは珍しいことではない。それどころか、仕事はじめの月曜日や週半ば、週末にこのような症状に悩まされている人は多いだろう。

では、やる気が出ない時は、どのようにして自分を奮い立たせればいいのだろうか?

そこで今回は、ライフスタイルコーディネーターの筆者が、どうしてもやる気が出ないときに、“やる気を引き出すマル秘テクニック”をご紹介していこう。

 

■1:好きなドリンクを飲む

やる気が出ない時は、コーヒーや紅茶、ジュースなど、好きなドリンクを傍らに仕事をするだけでも気分が上がるものだ。

普段コンビニでドリンクを買ってきてオフィスで飲んでいる人は、たまには奮発してちゃんとしたカフェのドリンクを買って飲んでみてはどうか。気分転換の時間にもなって良いだろう。

 

■2:お気に入りのアクセサリーやハンドクリームをつける

お気に入りのアクセサリーをつけることで、テンションが上がり、活力が湧いてくるだろう。

また、好きな香りのハンドクリームをつけるのも良い。五感が刺激されて心身のバランスが取れ、仕事に前向きになれるはずだ。

 

■3:頭皮を刺激する

頭のてっぺんにある“百会(ひゃくえ)”というツボは、自律神経と直結しているので、様々な不調を改善するのに効果的だ。その他にも、頭皮にはたくさんのツボがあるので、指を使って揉みほぐしてあげると良い。

リフレッシュしたり集中力を上げるだけではなく、顔のリフトアップ効果にも期待できるので、取り入れてみよう。

 

■4:食べ過ぎない

食事のあとは、消化吸収のために消化器官に血液が集中する。すると、思考が弱まり、やる気が出にくくなってしまう。

眠気に襲われないためにも、食事は腹7~8分目までにしておこう。

 

■5:デスク周りを片付ける

デスク周りが散らかっていると、“必要なものがすぐに見つからず、手間がかかる”“気持ちまで散漫になる”など、仕事に悪影響だ。デスク周りは、常に整理整頓しておくという習慣を身につけよう。

 

以上、“やる気を引き出すマル秘テクニック”をお伝えしたが、いかがだろうか?

時間をかけてダラダラと仕事をするより、短時間でパパッと済ませる方が、体力的にも精神的にもよっぽど良い。ぜひ参考にしてみてはいかがだろうか。

 

【関連記事】

脱お疲れ女子!人気インストラクターおすすめの「簡単ヨガポーズ」3選

今日の疲れは今日中にサヨナラ!1日の終わりに「スッキリ」させるワザ

モテないわけがない!「女子アナ風」スタイルでオフィスの花になる方法

これでグチャグチャ収納を回避!通勤バッグの「カンタンすっきり」整理術

「電話対応が苦手」な人必見!相手に好印象を与える話し方のコツ4つ

ピックアップ記事一覧