イガイガしたらこれで解決!仕事中の「のどの痛み」をすぐに癒す方法5つ

by

美容・健康

ストレス, 料理, 病気

イガイガしたらこれで解決!仕事中の「のどの痛み」をすぐに癒す方法5つ

楽しかった夏が終わり、食欲と行楽の秋が訪れた。そして、そのうち気候は急に冷え始め、すぐに風邪やインフルエンザの季節が到来する。

普段から健康に気をつけ、体にいい食品を摂ったり、生活習慣を整えても、会社や電車の中など、人がたくさんいる場所でウイルスをもらってしまう場合もあるだろう。

熱などの症状がある場合は、もちろん会社を休んで療養したり、医師の診察を受けなければならないが、「のどが痛くてちょっと咳が出るだけ」または、「もう治りそうなのにまだのどが痛い」という場合はグレーゾーン。大抵の場合は、そのまま会社へ向かってしまうだろう。

そんなときは、のどの痛みで就業中に苦しい思いをしたり、周囲の人々に不快な思いをさせないように、対策を取らなければならない。そこで今回は、英語圏の健康雑誌『Health』ウェブ版の記事を参考に、就業中に感じる“のどの痛み“を、薬に頼らずに和らげる方法を紹介しよう。

 

■1:塩水でうがいする

「ん? のどがちょっと変だな……」と思ったら、まず実行してほしいのが“塩水うがい”だ。“おばあちゃんの知恵”かと思いきや、医学的にも、のどの腫れを和らげ、痰などを取り除く働きが認められているという。

会社のキッチンから塩を失敬するくらいなら怒られないだろうが、あるところも少ないと思うので、できればうがい用に小さなテーブル塩を持参してもいいかもしれない。

 

■2:ビタミンC含有のアメを舐める

風邪の回復に効くという“ビタミンC”を大量に含んだアメをあらかじめ持参しよう。のどがイガイガしたら口に放り込むだけで、痛みや荒れがすっと癒される。

咳が出るときも、アメを舐めるだけでずいぶんイガイガを落ち着かせ、痛みを和らげる効果があるものだ。

 

■3:水やお茶を飲む

のどがイガイガしているときは、常に水分補給を忘れないようにしよう! のどが乾くと、患部がもっと傷んだり、咳が出たりする。そして咳が出ると症状がさらに悪化……という悪循環に陥るのである。

ハーブティー、緑茶、紅茶などを飲むと、のどが温かく癒されてかなりスッキリ。フレーバーに合う場合は、レモンを絞ったり、ハチミツを入れてものどの痛みを癒してくれる。

 

■4:チキンスープをランチに

アメリカでは、風邪を引くとチキンスープを作るのが伝統的習慣。そう、チキンスープは、日本のおかゆ、または味噌汁のように“懐かしい母の味”なのである。温かくて美味しいスープは、のども心も癒してくれるだろう。

風邪のときは食欲がなく、栄養が偏りがち。チキンスープなど、栄養たっぷりでのどの通りがいい流動食なら簡単に摂れる。会社に行くときも、家で作ったものを持参しよう。

 

■5:マシュマロを食べる

なんと、マシュマロの採れる植物の樹液は、昔から咳やのどの痛みに効く治療薬として使われていたらしい! 因果関係は証明されていないが’、市販のマシュマロはつるんとしていてのどに優しく、食べやすいので、のどが痛むときのおやつに最適だ。

 

以上、のどの痛みを癒すのに効果的な方法4つを紹介したが、いかがだろうか?

筆者の場合、風邪を引いてのどが痛いときは、塩水うがいのほかに、チキンスープとハチミツと生姜入りレモネードが欠かせない。各家庭に伝わる方法のほかに、上記のものもぜひ試してみてほしい。

 

【関連記事】

こんな習慣が原因!? あなたが「いつも疲れてグッタリしている」理由5つ

内側からスッキリ!仕事で溜まった疲れを流す「デトックスフード」6つ

※  お弁当に取り入れたい!脂肪を燃やす「天然のダイエット食材」7種

仕事の合間に飲むコーヒーを「より健康につなげる」ための飲み方とは

※ 忙しくてもあきらめない!仕事しながら「痩せやすいカラダを作る」コツ3つ

 

【参考】

10 Ways to Soothe a Sore Throat – Health

ピックアップ記事一覧