当てはまったらヤバすぎ!「今すぐ休暇をとるべき」危険な6つの兆候

by

美容・健康

メンタルヘルス, 人間関係, 旅行, 残業

当てはまったらヤバすぎ!「今すぐ休暇をとるべき」危険な6つの兆候

仕事が忙しくて、夏休みを取り損ねてしまった女性もいるのではないだろうか? 日本人は世界でもっとも休暇を取るのが下手だと言われているが、働き過ぎでは効率も落ちるし、何より精神的にも参ってしまうのではないだろうか。適度に休暇をとることは、とても大切である。

そこで今回は、海外女性の健康情報サイト『Women’s Health』の記事を参考に、すぐに休暇を取るべき6つの兆候を紹介しよう。

 

■1:夜中になるとテンションが上がる

毎日、来る日も来る日も残業続き。そんな日々が続いているうちに、夜中になってもハイテンションで寝たくても眠れない、なんてことになってないだろうか。こんな兆候があったら、すぐに休暇を取ったほうがいいだろう。

 

■2:仕事のことしか話すことがない

家族や、職場以外の気の置けない仲間との食事会。そんな時、気づいたら仕事のことしか話していない、なんていうことにはなっていないだろうか。

仕事のことしか話題がなくなった状態は、あなたの視野が極端に狭くなっている兆候だ。少し一呼吸おいて、休暇を取ってみよう。視野も広がり、仕事に活かせる体験ができるかもしれない。

 

■3:唯一の友達はインターネット

ここ最近はもっぱらネット三昧だ、などという状態も危険である。好きでスマホやパソコンを利用していたとしても、四六時中となれば健康的といえないだろう。

デジタル機器の電源をOFFにして、1日だけでも休暇をとり、デジタルデトックスをしてみるのはいかがだろうか?

 

■4:なぜか毎日イライラしている

気づくとなぜかイライラし、不機嫌になっている、ということがないだろうか? もし、なっていたら、すぐにでも休むべきである。もっとも、こういう状態になっているのは、本人が一番気がつかないのではあるが……。

何もかも周りのせいにしたくなるような不満が募っている場合は、冷静になるためにも少し休暇をとってみよう。

 

■5:毎日真夜中に帰宅している

いつもオフィスから出るのは陽がとっくに沈んだ真夜中。帰りはもっぱら終電。明るいうちに家路につくことはない。気づいたら夏も終わっていた。こんな状態は、早急に休暇が必要な状態である。

 

■6:まじめに寝袋をオフィスに持ち込もうと思っている

ちょっと空き時間があれば、空いている会議室で仮眠。仕事のふりをして、デスクでお昼寝。さらに、“寝袋があれば…”なんて思うようになったら、即、休暇を取らなければならない。

睡眠時間をまともにとれないような状態では、効率的に仕事をこなす力はかなり落ち込んでいるといえるだろう。一度休暇をとって、リフレッシュが必要だ。

 

以上、こんな状態になったら“すぐに休暇を取るべき”危険な6つの兆候をご紹介したが、いかがであっただろうか。

仕事が忙しいときには自分では気づかないかもしれないが、このような症状があったら、すぐに休暇をとるべきである。休暇をとることで、仕事にも活かせる気付きを得たり、効率的に仕事がこなせる健康的な体を取り戻すだろう。

また、「休暇なんて取りたくても全く取れない!」というような職場の場合は、冷静に、今の職場でこのまま働くべきなのか、改めて考えてみる必要があるのかもしれない。

 

【関連記事】

モテ女子はみんな使ってる?オトコを魅了する「しっとりモチ肌」になる4ステップ

杉本彩もドハマり!「テク不要」で毛穴レスな美肌が作れる●●美容が今アツい

多忙でも放置NG!働き女子が「いつでも自慢の素肌」を取り戻すための習慣とは

もう飲んでる?働き女子の癒やしトレンド最前線は「ノンカフェインティー」

サプリメントには頼らない! 多忙な「働き女子の美容法」はコレに決定
 

【参考】

※ 8 Signs You NEED a Vacation − Women’s Health

 

【画像】

※ Relaxing – skedonk

ピックアップ記事一覧