働く美女子はランチでやせる!意外に簡単な「ランチダイエット術」5つ

by

美容・健康

グルメ, ダイエット, 料理

働く美女子はランチでやせる!意外に簡単な「ランチダイエット術」5つ忙しく働く女性は、生活も不規則になるだろう。生活リズムも作りにくく、朝食が摂れなかったり、夕食が深夜になったりもするだろう。さらにストレスからやけ食いしてしまったり、体重の管理も難しくなるのではないだろうか。

しかし、意外に盲点なのが“ランチ”である。おそらく忙しく働く女性でもランチを抜く、ということはあまりないのではないだろうか。つまり、ランチこそをダイエットの肝なのである。

そこで今回は、海外セレブや女性のライフスタイルを紹介するサイト『POPSUGAR』の記事を参考に、“ランチでできる簡単ダイエット方法5つ”を紹介しよう。

 

■1:ランチの前に一杯の水を飲む

ランチの前に、たった一杯の水を飲むこと。食事の前に水を飲むことで満腹感が出るため、食欲をおさえるのに役立つのである。

我慢は必要なく、とても簡単な方法なので、ぜひ習慣づけたいものである。

 

■2:食べたものを記録する

ランチで摂取する理想的なカロリーは600kcalなのだが、自分が何を食べたのか意識して記録に残してみよう。メニューを記録するだけであれば簡単にでき、過剰にカロリーを摂取しないよう、自然と意識しやすくなるだろう。

あるいは、お弁当を持参する、というのも一つの手だ。自分で作ったお弁当であれば、カロリー計算を詳細にすることができるからである。いずれにせよ、摂取カロリーを意識するために、自分が何を食べているのかを記録することがダイエットの成功につながるだろう。

 

■3:仕事しながらのランチは避ける

ちょっとコンビニでお弁当を買ってきて、仕事をしながら会社のデスクで食べる。なんてことも、忙しいとついしてしまいがちだろう。しかし、短い時間でもいいので、仕事は一旦終えるべきである。

仕事をしながらでは、脳が“食事をしている”ということを認識しないため、ちゃんと食べたはずなのに物足りなく感じてしまうためだ。

夕食までの間に、無意識のうちにさらに口に物を運んでしまうことにつながり、つい食べ過ぎてしまった。なんてこともありえるのだ。

 

■4:意識してゆっくり食べる

慌てずに少しゆっくりランチをとろう。優秀な人は、食べるのが早い、と言われることもあるが、ダイエットの観点からすると早食いはあまり好ましくない。

ゆっくりと、一口一口を意識しながら、良く噛んで食べるのが好ましい。食べ過ぎを防止することにもなるだろう。

 

■5:食材を食べる順番を意識する

食べる順番を意識することだけで吸収率を抑え、余分なカロリー摂取、脂肪分の摂取を抑えられるのである。まずお茶や汁物など水分の多いものから。次に食物繊維の多いもの。そのあとに肉や魚などのおかず類、そしてご飯や麺などという順番である。

ちなみに食物繊維は満腹感を与えてくれるため、食べ過ぎを防げるほか、血糖値の上昇をゆるやかにし脂質の吸収を抑えるという。

 

以上、“ランチでできる簡単ダイエット方法5つ” であったがいかがだったであろうか。

意外にすぐに取り入れられる簡単なものばかりだろう。特に食事制限もしなくてすむ、ランチダイエット。ダイエットが気になる人はさっそく実行してみてほしい。

 

【関連記事】

※ 3ヶ月で-12kg!? 残業時の夜食にしたいヘルシー「おからレシピ」

※ 自炊しなくてもOK!「置き換え食材ダイエット」を成功させる秘訣とは

※ お弁当に取り入れたい!脂肪を燃やす「天然のダイエット食材」7種

※ 内側からスッキリ!仕事で溜まった疲れを流す「デトックスフード」6つ

※ 働き女子のおやつはコレで!能率アップと美容効果が期待できる食品7つ

 

【参考】

※ Do These 7 Things to Lose Weight at Lunch − POPSUGAR

ピックアップ記事一覧