うわっ何あの態度!? 無意識に「相手の信頼を損ねてる」ヤバい動作3つ

by

職場

コミュニケーション, ビジネススキル, 人間関係

うわっ何あの態度 無意識に「相手の信頼を損ねてる」ヤバい動作3つうわっ、なにあの態度……感じ悪~い! 仕事で会った人に対して、こんな風に思ったことはないだろうか。

実際に、アナタの小さな動作ひとつで相手を不快にしてしまったり、信頼を損ねてしまうこともあるというから、働き女子としてはぜひとも注意しておきたいだろう。

そこで今回は、英語圏のビジネス情報サイト『Inc.』の記事を参考に、うっかりやってしまうと相手の信頼を損ねてしまう危険な動作について、3つご紹介しよう。とくにビジネスウーマンの皆さんにとっては、要チェックだ。

 

■1:頬杖をついたり、髪をいじったりする

打ち合せや会議の場で、頬杖をついて聞いているという人はいないだろうか。

この動作は、何か考えごとをしているようにも見えるが、不信感を与えかねないとされている。ビジネスシーンでは避けたほうがいいだろう。

また、前髪などの髪をいじったりと、無意識に行ってしまう女性もいるかもしれないが、仕事中に必要以上にメイクや髪型を気にするのはやめておくほうが無難だろう。

 

■2:腕組み

腕組みをすると相手に威圧感を与える危険があるのは、ご存知の方も多いだろう。閉鎖的な印象を与えることもあり、信頼を損なう動作として注意が必要だ。

目の前に難題があるときや、なにかの決断を迫られているときなどに、つい無意識に腕組みをしてしまう方もいらっしゃるだろうが、クセになっているなら今スグ改めておきたい。

 

■3:背もたれにもたれかかって座る

この姿勢は、偉そうにしているように感じる方もいらっしゃることだろう。

もたれて座ると、物理的にも目の前の相手との距離が離れることから、意図的に距離をとろうとしているように感じさせてしまうこともあるという。

なにより、女性がこのような姿勢で座るのはエレガントではないので、座る仕草にも注意しておきたい。

 

以上、働く女性が気をつけたい、相手の信頼を損ねてしまう危険な動作について3つご紹介したが、クセになっているようなものはなかっただろうか?

打ち合せや会議など、人とコミュニケーションをとりながら物事を進める場面では、言葉と動作の両輪によって、相手の信頼を勝ち取っていかなくてはならないといえるだろう。

今回ご紹介したような点に、思い当たる部分があった方は、動作ひとつで信頼を損ねるなんてソンをしないよう、ぜひとも注意していただきたい。

 

【関連記事】

※ 実は知らない人多数!目上世代から好印象を得られる「乾杯マナー」2つ

※ 働く女性はリスク高!心配な「パートナーの浮気」回避のポイント4つ

※ これだけは!負け組にならないための「大人のコミュニケーション術」5つ

※ きちんと知って賢くとろう!弁護士が教える「生理休暇」の基礎知識

※ メイクを落とさず寝るよりヤバい!どんなに忙しくてもケアすべき部分はココ

 

【参考】

4 Subtle Gestures That Really Turn People Off – Inc. 

ピックアップ記事一覧