Xmasまでに素敵な彼を作るために!今日からできる「たった2つの工夫」

by

恋愛・結婚

人間関係, 婚活, 独身

Xmasまでに素敵な彼を作るために!今日からできる「たった2つの工夫」

「クリスマスまでに彼氏をみつける!」そう意気込んでいる働き女子にとって、今回の記事は必見だ。

「多くの女性が出会いの機会を逸しており、実にもったいない」と語るのは、婚活コーディネーターの中口宗紀氏。出会いはどこにあるかわからないからこそ、小さなチャンスも無駄にしてはならないのだ!

そこで今回は、素敵な男性と親密になるために、“今日からできる小さな工夫”を2つ、ご紹介したい。さっそく実践してみよう!

 

■1:プライベートの名刺を作る

「会社の名刺は持っているけど、プライベートの名刺なんて持っていない……」

そういうあなたはすぐに名刺を作ろう。

また会いたいなと思った人と連絡先の交換をするとき、電話番号やLINEを書いて教えあうのもよいが、話す時間が数分の場合は、名刺をさっと出す方がスマートだし、書くものがなくてもあわてずに済む。

また、名刺には氏名や連絡先だけではなく、趣味や飼っているペット、仕事の内容など、あなたのことを知るきっかけになるような情報を書いておくとよい。初対面の人とでも、名刺に書かれてあることから話が広がるので話が盛り上がりやすいというメリットもある。

また名刺を渡すことで、相手からも名刺がもらいやすくなる。そうして手元に集まった名刺は、“また会いたい人”、“今交流がある人”、“もう会いたくない人”など、カテゴリー分けして整理しておくとよい。

 

■2:“決める”練習をする

「あなたは理想が高いのよ~」と周りから言われたことはないだろうか。そういう人は、実は“決められない人”であることが多いようだ。

目の前に現れた男性が、合格点ぎりぎりの70点だったとしても、「もうちょっと待てば80点ぐらいの人が現れるかも」と考え、70点男子を見逃す。しかし、たとえ80点男子が現れても「85点ぐらいの人がもうすぐ現れるかも……」と考えてしまう。

要するに“高望み”をしているように思えるのだが、そういう人の日常生活を見ていると、食べたいもの、ほしいもの等、ちょっとしたことでも自分で決められず、「どっちでもいい」「なんでもいい」が口癖になりがちだ。

そういう人はレストランで食事を選ぶときなどでも、“瞬時に判断をする”という練習を日頃からするとよい。知らず知らずのうちに“自分が本当にほしいものは何か”という意識が働き、自分の価値観をあらゆる面で持てるようになる。

そうしておけば、いざ出会いがあった時に、自分の価値観にあった男性かどうかを見極められやすくなるだろう。

 

以上、素敵な男性と親密になるために、今日からできる小さな工夫を2つご紹介したが、いかがだろうか?

中口氏によると、

「いま彼氏のいない人は、まず誘ったら食事に出かけられるという男性を30人作りましょう。最初は恋愛対象ではなくても、既婚者や会社の人で構いません。

30人以上になったらそこからは入れ替え戦! 既婚者などは徐々に外していけばよいでしょう。

入れ替え戦が進むにつれて相手のレベルがあがってきます」

とのこと。なるほど、このようにすれば、“出会い力”をキープし、いざ意中の人と出会ったときにその効果が発揮されることだろう。ぜひ参考にしてほしい。

 

【関連記事】

※ 成功への近道!?婚活女子に最適な「出会いの多いおけいこ事」厳選3つ

※ 仕事がどんなに忙しくても「いい女」であり続けるために磨くトコロ4つ

※ 仕事も恋も充実!働く女性が「超・恋愛体質」になるための3つのテク

※ 仕事も恋もコレ次第!「ご縁」のパワーを強化させる縁活5つの秘訣

※ ポイントはこの色!上品だけど目ヂカラがある「囲み目メイク」のコツ

 

【取材協力】
中口宗紀(なかぐち そうき)・・・恋愛についてヒアリングをした人数は、およそ年間200名。そこから得られた結果を元に、“婚活コーディネータ”としての活動を始める。 活動の中には、“バブル期の男性がモテるために日々行っていたデートコースの研究”というものもあり、古き良き文化を現代に継承すべく、“小粋なデート下見の会”というイベントを主催している。

ピックアップ記事一覧