突然の雨あなたはどうする?「お金が貯まる人」がとる意外な行動とは

by

マネー

出世, 節約, 貯蓄

突然の雨あなたはどうする?「お金が貯まる人」がとる意外な行動とは

唐突で恐縮だが、出先で雨が降ってきたときの自分の行動を想像してほしい。外回りに出ているときや、通勤途中などに、突然雨が降ってきたら、アナタはどんな行動をとるだろうか?

実はそのときの行動によって、お金を貯められる人か、貯められない人かがわかってしまうのだという!

そこで今回は、菅井敏之氏の著書『お金が貯まるのは、どっち!?』を参考に、突然の雨の日にわかる“お金を貯められる人と、貯められない人の行動の違い”についてお伝えしたい。

 

■ビニール傘は“1本だけ”であれば節約効果あり

雨が降る度に買ってしまったビニール傘が、自宅やオフィスに溢れてはないだろうか?

菅井氏によれば、お気に入りの高価な傘をどこかになくしてしまうよりは、ビニール傘を買ったほうがムダな出費自体は減らせるとのこと。だから本当にガチガチの節約をしたいのであれば、1本のビニール傘を大切に使い続けるのが1番だということだ。

しかし、たった1本のビニール傘をいつまでも大切に使い続けるというのは、働き女子のみなさんにとって、あまり現実的ではないといえるだろう。

では、いったい雨が降ったら何をすれば正解なのだろうか?

 

■雨が降ってきたら迷わずタクシーが正解

お金を貯めたいと考える人がとるべき本来の行動として、菅井氏はなんと、タクシー利用をすすめているのだ。“タクシー=お金がかかる”と思っていた人には、意外に感じるだろうが、なぜそう言えるのだろうか?

菅井氏が雨天で迷わずにタクシーに乗る理由はただひとつ、“靴を濡らしたくないから”だ。

元銀行マンである同氏は、お金持ちはみな揃って手入れの行き届いたイイ靴を履いているのが印象的だったとのこと。さらに一流の人たちは相手の足元を見て仕事がデキるかを判断するので、お金がなくてもイイ靴を履くことの大切さを顧客から教えられてきたという。

 

■雨で濡れた靴は傷みやすく買い換える必要も

つまり、イイ靴を履いてるときに雨に濡れると、靴は汚れたりヨレてしまったりする。それを防ぐ為にタクシーに乗ることが正解だと、同氏は述べているのだ。

距離にもよるが、例えば最寄り駅から自宅までの10分かかる距離を、タクシーで移動すると考えると、コンビニでは500円程度するビニール傘より少し高額になる程度だろう。

でも、それによって突然の雨により靴が傷み、靴の寿命を縮めることを抑えられるならば、むしろ得になると同氏は断言している。

 

以上、“お金が貯まる人”の雨の日の行動を紹介したが、いかがだろうか?

同書では、お金を貯められる人になるためには自分が豊かな精神状態でいることが大切であり、そのような状態にいることで仕事がデキる人からも認められていくものだと述べられている。

仕事をもちお金を稼いでいる働き女子のみなさん、突然の雨の日は、今までと行動を変えてみるのもいいのではないだろうか。

 

【関連記事】

※ 当てはまったらヤバい!「お金が貯まらない人」に共通する3つの悪習慣とは

※ スッキリ軽く!通勤バッグの中身を「劇的にコンパクトにする」4つの裏技

※ 当てはまると一生貧乏!? 努力しても 「稼げない人」に共通の悪習慣5つ

※ あなたの収入は?働き女子が「満足と感じる」年収は●●●万円と判明

※ 1つでも当てはまったら「仕事できない女子」認定されちゃうNG行動3つ

 

【参考】

菅井敏之(2014)『お金が貯まるのはどっち!? お金に好かれる人、嫌われる人の法則』(アスコム)

ピックアップ記事一覧