明日のキレイに差をつける!多忙でもできる「睡眠美活」のコツ4つ

by

美容・健康

スキンケア, ヘアケア, , 老化

明日のキレイに差をつける!多忙でもできる「睡眠美活」のコツ4つ多忙な働きウーマンにとって、睡眠がとても大切であることはいうまでもない。

でも、どうせ睡眠をとるなら、その睡眠時間を活用してさらなる美磨きに使うことができれば、美意識の高い働く女性にとって時短にもなり一石二鳥だろう。

そこで今回は、海外サイト『Good Housekeeping』の記事を参考に、睡眠中に美を高めるためのコツを、時短美容研究家の筆者が4つご紹介していこう。

「念入りケアをする時間があったら1分でも早く眠りたい!」というお疲れ働き女子には、これらの“美スリープ法”をおおいに活用してほしい。

 

■1:サテンやシルクの寝具を使う

滑りのよいシルクやサテンの枕カバーを使うことで摩擦をなくし、肌にシワを作らない効果が期待できるそうである。

これはボディにも同様のことがいえるので、ナイトウエアをサテンまたはシルクにすることで美ボディキープにも効果が期待できそうだ。

ツルツルの質感が良質な眠りにいざない、テンションも上がるだろう。ぜひ、お試しあれ。

 

■2:保湿コスメをつけてから寝る

寝ている間に保湿ケアをしておくことで、シワを防ぐことができる。

アンチエイジング作用のあるナイトクリームやリップクリーム、まつ毛美容液をたっぷり塗ってから眠るようにしよう。

まつ毛は寝ている間に枕に擦れてしまうことも多いので、まつエクを利用している人は美容液のほかに透明のコーティング剤を塗ってから眠るのが筆者のオススメだ。

 

■3:シルクスカーフで髪を守る

枕への摩擦はお肌だけでなく髪にも影響があるのだが、とくに生え際の部分は枕との摩擦を受けやすいといえるだろう。

過度な摩擦は枝毛や切れ毛の原因になってしまうのだが、なんとシルクのスカーフで頭をラップして眠れば摩擦を防げるとのこと。

切れ毛やキューティクルの痛みなど「どうも髪の調子が悪いなぁ」と感じていた人は、一度試してみてはいかがだろうか。

 

■4:寝る前の食事に注意する

塩辛いものやアルコールを摂取してから眠るのは美容の大敵であることは、ご存知の方も多いだろう。

とくにアルコール摂取後のカラダは脱水状態になり目のむくみに繋がるし、塩分も腫れぼったいまぶたの要因となってしまうので、避けるようにしよう。

 

以上、美意識の高い働き女子にこそ知っておいてほしい“美スリープ”の4つの方法をご紹介したが、いかがだっただろうか。

仕事が多忙なときほど美意識も下がりがちになってしまうが、そんなときこそ睡眠時間をうまく活用した時短美容を意識してみてほしい。

今回ご紹介した睡眠美容法はカンタンなものばかりなので、ぜひ毎日の美容に役立ててみてはいかがだろうか。

 

【関連記事】

※ 頑張った自分に!働く女性が幸せになれる「セルフご褒美」の効用とは

※ 効果ありまくり!「コーヒーブレイク」が働き女子に適している3つの理由

※ 肉食働き女子は要注意!「疲れたから焼肉食べよ」の意外な落とし穴とは

※ 熱があるけど会社に行かなきゃ…っていうとき助けになる4つの食品とは

※ スッキリ軽く!通勤バッグの中身を「劇的にコンパクトにする」4つの裏技

 

【参考】

8 Ways to Get Prettier in Your Sleep – Good Housekeeping

ピックアップ記事一覧