密かにお局サン認定!? 流行メイクでも「老け顔になる」落とし穴4ポイント

by

美容・健康

スキンケア, ファッション, メイク

密かにお局サン認定!? 流行メイクでも「老け顔になる」落とし穴4ポイント流行りのコスメでばっちりメイクをしたつもりでも、周囲から見ると単なる“老け顔メイク”になってしまうことがある。

「あの人、最近老けたよねぇ」なんて、密かに “お局認定”されないためにも、働き女子はメイクの仕上がりにじゅうぶん注意したいところ。

そこで今回は、時短美容研究家の筆者が、海外女性誌サイト『Good Housekeeping』の記事を参考にしながら、老け顔メイクの落とし穴を4つお伝えしよう。

 

■1:暗めのリップ

同じピンクやレッドでも、ダークな色味は老け顔の原因になる。とくに秋冬は深みのある色が店頭に並ぶので、注意が必要なのだ。

暗い色の口紅は唇のハリを失ったように見せ、唇自体が貧弱な印象にもなりかねない。

どうしてもダーク色を使いたいときには、グロスを乗せてツヤを出すようにすると、老け顔回避になるので試してほしい。

 

■2:下まぶたのアイライナー

目をパッチリ大きく見せるアイライナーだが、ラインの描き方によっては老け顔の原因になる。

とくに下まぶたのラインには注意が必要で、上まぶたのライナーより強くなると、途端に老けた印象になってしまうのだ。

下まぶたのラインは、まつ毛のキワに入れ、さらに“極細”を意識することで老け顔を回避できる。

 

■3:チークの位置と色味

日々のメイクに欠かせないチークだが、位置や選ぶ色によっては、かえって老けた印象になってしまうことがある。

チークを頬の下部に入れると痩(こ)けた顔に見える上に、疲れ顔の印象も与えやすいのだ。

また同様に、シェイディング効果を狙ってブラウンがかったチークを使うと、コレも一気に疲れ顔に見えやすくなるので気をつけよう。

 

■4:貧相眉

最近では太眉がブームだが、ベタッとしないように注意しすぎて“薄い仕上がり”になると、かえって老け顔のリスクがあるので気をつけよう。

海苔が貼ってあるかのような“真っ黒眉”は別の意味でご法度だが、あまりに薄づきだと貧弱な仕上がりになってしまう。

目安として、自分の髪色とトーンを合わせるようにするといいだろう。

 

以上、どんなに流行メイクでもちょっと間違えるだけで一気に老け顔になってしまう落とし穴を4つご紹介したが、いかがだろうか?

老け顔を回避するためには「新作コスメを使っていれば安心!」という訳ではないので、くれぐれもご注意を! せっかく流行メイクでキメているつもりだったのに、周囲から見たらプラス3歳……なんて残念なことにならないようにじゅうぶん気をつけよう。

 

【関連記事】

メイクを落とさず寝るよりヤバい!どんなに忙しくてもケアすべき部分はココ

美意識が裏目に!? 働く女性は気をつけたい「ヘアメイクの落とし穴」2つ

間違えれば老け顔に!働く女性の「上手なナチュラルメイク」のコツ3つ

ダイエット不要!? 驚きの「5キロ痩せ見えオフィスメイク」テク3つ

えっそうなの!? 職場男子が「密かにドン引きしてる」残念メイク4つ

 

【参考】

5 Makeup Mistakes That Make You Look Older – Good Housekeeping

ピックアップ記事一覧