ミスった時こそ大チャンス!働き女子が「失敗を成長につなげる」3つのコツ

by

仕事

ビジネススキル, マネジメント, 出世

ミスった時こそ大チャンス!働き女子が「失敗を成長につなげる」3つのコツ

だれでも仕事ではミスをするもの。1度もミスをしないまま出世した人はいないといっても間違いないだろう。

しかし、デキるビジネスパーソンは、ミスをした時こそ、自分自身の成長につなげているのである。その積み重ねが、何年後かに大きな差になっていると言っても過言ではない。

今回は、企業で人事担当を務めてきた筆者が、過去に出世をしてきたビジネスマンに共通する“ミスを成長につなげる3つのコツ”をご紹介しよう。

 

■1:ミスを受け止めしっかり謝罪する

ミスをした時に、つい言い訳をしてしまったり、恥ずかしい思いから開き直ったりしてしまうタイプの人もいるかもしれない。

しかし、デキる人に共通しているのは、しっかり謝罪すること。ミスをしたという事実をちゃんと受け止められるということは、起こっている物事を客観的に捉えることができる力があるということである。また、周りからも「誠実な人だ」と評価されるのだ。

 

■2:なぜミスをしてしまったのか原因を明らかにする

ミスが起こった原因が何か、うやむやにせず明らかにしよう。時間管理ができていなかった、自分の判断基準が甘かった、など、何らかの原因があるはず。

その原因は、自分の弱みから生まれてしまった可能性もあるのだ。周りのせいにせず、“自分の何が悪かったのか“という視点で明らかにしよう。

ここで周りのせいにするクセができてしまうと、失敗を成長につなげることは難しいだろう。

 

■3:同じミスをしないための対策を考える

あなたの周りの“デキない人”は、同じようなミスばかりしていないだろうか? それは、ミスから何も学んでいないからである。

デキる人は、ミスの再発防止のため、対策を考え、実行することができる。そのための方法も、“必ず赤色でメモをとる“、“○分前にアラートを出す“など、より具体的に設定していくことが重要だ。

また、「どうすればミスを防げるのか?」を考えぬくことで、自分自身の思考力も上がり、成長につながるのである。

 

以上、ミスした時こそ成長のチャンスにつなげるための3つのコツをご紹介したが、いかがだろうか?

どれも地道なステップだが、ミスをした時こそしっかりと対応できるようにしておけば、10年も経てば周りとの差は大きくなっているだろう。おろそかにしていると感じられる人は、今回のポイントを実践し、自らの成長につなげていこう。

 

【関連記事】

デキる働き女子はやってる!「仕事効率が劇的にアップする」4つの方法

働き女子こそ注意!「自律神経」が崩れてるかもしれない危険な兆候3つ

働く女性だからこそデキる!「投資を成功させる」ための5つの習慣

先回りしてポイント稼ぎ!「上司ウケする」部下のちょっとした行動5つ

起床して15分が勝負!簡単に「脳を目覚めさせる」朝の絶対習慣5つ

ピックアップ記事一覧