デキる女子はやってる!1日の時間を「超効率的に使いきる」3つのノウハウ

by

仕事, 暮らし

ビジネススキル, マネジメント, 人間関係

デキる女子はやってる!1日の時間を「超効率的に使いきる」3つのノウハウ仕事がすごく忙しい、しかも家事も育児もしないといけない……なんて時は、「1日の時間がぜんぜん足りない!」と叫びたくなることもあるのではないだろうか?

しかし、忙しい人ほど仕事ができたり、家事との両立ができていたり、ということはあるものだ。

そこで今回は、海外のサイト『Business Insider』の記事を参考に、“忙しい人がやっている時間を効果的に使う3つの習慣”を紹介しよう。

 

■1:早寝早起き

例えば、7時間という同じ睡眠時間であっても、早寝早起きの人のほうが明らかに効率が良い。早起きの人は、明らかに生産性が高く、前向きで効率的に物事進める能力が高いのである。

確かに、あなたの周りでも仕事のできる人は、意外にも朝型の人が多いのではないだろうか。

もちろん、向き不向きもあると思うが、一度試してみると良いだろう。その時のポイントは、早めにベッドに入ること。就寝時間が遅いと、どうしても早く起きるのが辛くなってしまう。まずは早寝に注力するのがいいだろう。

 

■2:起き抜けに10秒間の瞑想を

朝起きるや否やスマホをチェックして、メールやSNS、ネットでニュースを見て……と「朝は大忙し!」という人も多いのではないだろうか? でも、これらの習慣はストップしよう。

朝起きたら、まずは瞑想。今日という新たな日に気持ちを切り替えて、今日やることや目標を整理するのである。しかし、長々と瞑想する必要はない。気持ちを落ち着けて、深く呼吸をしながら10秒数えてみるのである。

あまりに簡単だと思うかもしれないが、これだけで、その日に何をするか、目標がはっきりと意識できるという。そしてその結果、1日の時間を有効に使えるようになるというのだ。

 

■3:エクササイズをする

ちょっとしたエクササイズは、体のためだけでなく、精神的にも良い効果をもたらしてくれる。仕事で忙しい人ほど、エクササイズをするべきという。

気分転換もできるだろうし、何よりも健康でいることで仕事が続けられる。仕事ができる人は、それがわかっているので、エクササイズを続けているのだ。

健康な体と精神でいることで、より一層効率的に、時間を使えるようになるのである。

 

以上、“忙しい人がやっている時間を効果的に作る3つの習慣”であったが、いかがだったであろうか?

効果的に時間を使うことは、集中して物事や仕事に取り組める、ということでもある。効率的に時間を使って、仕事の上でも大きな成果を上げたいものである。

 

【関連記事】

※ 忙しい働き女子にぴったり!朝時間で「上手に痩せる」5つの方法

※ えっ…これだけ!? 働き女子はマネしたい「成功する人の朝習慣」4つ

※ 働くママに超オススメ!時間管理が楽チンになる「ファミリー向け手帳」とは

※ 楽しく過ごしたい!オフィスにいる時間をハッピーにする秘訣5箇条

※ 朝イチから全開!目覚めてスグでも「スッキリ脳で働ける」5つの秘訣

 

【参考】

The 3 Habits Productive People Find Time For Every Day – Business Insider

ピックアップ記事一覧