働き女子こそ日常化して!驚くべき「ハグの癒やし効果」が判明

by

恋愛・結婚, 美容・健康

コミュニケーション, ストレス, メンタルヘルス, 人間関係, 病気, 睡眠, 結婚生活

働き女子こそ日常化して!驚くべき「ハグの癒やし効果」が判明

突然だが、あなたは親しい人とハグをしているだろうか?

親密な間柄であれば、コミュニケーションの一つとして行う、ハグ。欧米人であれば挨拶代わりに交わすハグも、日本人の私達にとっては少し慣れない挨拶である。仕事相手はともかく、恋人や夫婦間でも、ハグをするカップルは欧米に比べると少ないことだろう。

しかし、実はハグには驚くべき効果があると、米国の研究者達が発表したのである。しかもその効果は、まさに働き女子が必要としている、ストレスケアや不眠解消などに効果的なものであったのだ。

そこで今回は、米国のニュースサイト『FOX NEWS』の記事を参考に、実験で解明されたハグの驚くべき効果を3つご紹介しよう。

 

■1:多幸感

ハグした時に脳に分泌されるエンドルフィンというホルモンは、別名“幸福ホルモン”と呼ばれている。その名の通り、幸福感を感じることのできるホルモンが、脳内に多く分泌され、幸せな気分になれるのだ。

米国で5歳までの幼稚園児を対象に行われた実験では、両親とハグやスキンシップを多く行った園児の方が、情緒が安定し問題行動を起こす確率が低いことも明らかにされたのである。

 

■2:ストレス軽減

ハグには、エンドルフィン以外に、セロトニンとドーパミンの分泌を促し、安心感を与え、ストレス軽減の効果もあるということがわかっている。心身ともに傷みを和らげ、ストレスから解放されるのだ。

また、安心感を得ることでよく眠れるようになる。抱き枕が安眠に効果的なのは、このためだろう。

 

■3:風邪予防と症状軽減

ハグを多く行う人は、風邪になりにくく、また風邪の症状が軽減したことが、米国での400名の成人男女を対象に行った実験によってわかった。

いずれも、精神的な部分からくるものであると研究者は述べている。また、スキンシップによる愛情を感じるで、自分の自信となり精神的にも肉体的にも強くなるというわけだ。

“病は気から”ということわざがあるように、今回の実験結果も精神的な部分からの影響が大きいようだ。

 

以上、今回はハグの驚くべき効果を3つご紹介をしたが、いかがだっただろうか?

想いを言葉にすることはなかなか難しく照れくさいが、ハグであればよりカジュアルにできる。恋人や夫婦間での“いってらっしゃいのハグ”などを日常化することで、ストレス解消のみではなく、マンネリ防止・家庭円満にも繋がるだろう。

仕事で忙しく日常を過ごす働き女子も、一度彼の胸に飛び込んでみてはいかがだろうか?

 

【関連記事】

そうだったの!? 「密かに別れを考えている男性」が出す危険シグナル5つ

仕事中でもデキる!「気になる男性」に好意をさりげなく伝える3つの方法

あらぬ誤解で大損!働き女子が「不倫疑惑」から身を守るポイント2つ

仕事も恋愛もコレで成功!働き女子が身につけるべき「4つの●●」

秘訣はこれ!? ラブラブな共働き夫婦は「アレを約4倍も使ってる」と判明

 

【参考】

‘A hug a day’ – FOX NEWS

ピックアップ記事一覧