働く女性の副収入にも!? 当たれば儲かる「LINEスタンプ」制作の基本

by

マネー, 仕事

コミュニケーション, スマホ, 副業

働く女性の副収入にも! 当たれば儲かる「LINEスタンプ」制作の基本
売り上げ上位者の収入は、月に数百万円ということでも話題になった『LINEクリエイターズスタンプ』。個人でもLINEスタンプを作れるようになった今、「億万長者を目指して」「自分のイラストを世に広めたくて」など、さまざまな理由から、「一度は作ってみたい!」と思ったことがある方は多いのではないか?

かく言う筆者も、お絵描き好き。かねてより、『LINEクリエイターズスタンプ』が気になっており、実際に制作する運びとなった。

今回は、「LINEスタンプを作って稼いでみたい」という方に向けて、筆者の経験も交えて“LINEスタンプ制作の基本”を紹介していきたいと思う。働く女性の副収入源としても期待大のLINEスタンプ、さっそく見ていこう。

 

■『LINEクリエイターズスタンプ』とは?

『LINEクリエイターズスタンプ』とは、『LINEクリエイターズマーケット』に登録をした方であれば、プロ、アマ問わず誰でも制作できる自作のLINEスタンプのこと。

審査をクリアしたスタンプは、『LINEスタンプショップ』に並び、世界4億人を超えるLINEユーザーに向けて配信されることになるのだ。

スタンプの販売価格は100円で、売り上げの50%が制作者に振り込まれるという仕組みになっている。

 

■スタンプを作るために必要なものは?

『LINEクリエイターズスタンプ』を制作するために必要となるのは、下記の6つだ。

(1)パソコン

(2)お絵描きツール(手描きのイラストでも写真を撮ってデータ化できればOK)

(3)画像を透過できるソフト

(4)“メイン画像”1枚

(5)LINEのトーク画面下に出る“トークルームタブ画像”1枚

(6)実際のトークで使用される“スタンプ画像”40枚

画像のサイズはそれぞれ決まっているので、『LINEクリエイターズマーケット』の制作ガイドラインで確認しよう。

また、作ったイラストの背景は、必ず“透過”しなくてはならない。一部でも透過できていないと審査を通らないので、慎重に行おう。

その他にも、写真や視認性、バランスが悪いもの、宣伝だとみなされるものは審査を通らないそうなので、確認が必要だ。

少し難しく感じるかもしれないが、スタンプを作りやすくするためのアプリやソフトも出ているため、あなたにあったソフトを探してみよう。

スタンプが完成したら、スタンプのタイトル、説明文などのテキスト情報を登録し、いよいよアップロードだ。

 

■承認されるまでどのくらいかかる?

スタンプをアップロードしたのにも関わらず、「審査中のままで承認されない」というケースも多いようだ。

『LINEスタンプショップ』を見るとわかるように、クリエイターズスタンプの数は約2万個。2014年5月の販売開始から5ヶ月余りでこれだけのスタンプがそろうということは、自作スタンプの販売を夢見て審査待ちをしている方がいかに大勢存在するのかが伺える。

現時点では、スタンプが承認されるまでには、約3ヶ月かかるというのが一般的なようだ。筆者の場合も、ちょうど3ヶ月経った頃に承認が下りたので、気長に待とう。

このように、制作から販売開始までには、労力も時間もかかる『LINEクリエイターズスタンプ』。加えて、「販売してみたものの、収入につながらなかった」という方も少なくない。約2万個もある他のスタンプに差をつけて、売り上げ上位に食い込むのは至難の技だが、ブログやFacebook、TwitterなどのSNSを使って宣伝したりと、拡散させる努力をすれば、チャンスを掴めるかもしれない。

 

以上、LINEスタンプ制作の基本をご紹介したが、いかがだろうか?

スタンプの売り上げは、『LINEクリエイターズマーケット』からリアルタイムで確認できるので、傾向と対策を練るのも良いだろう。自作のスタンプでのやりとりは、何とも言えない喜びがある。

絵に自信のある働き女性のみなさん、ぜひイチオシのイラストを用意して、挑戦してみてはいかがだろうか。

 

【関連記事】

※ これはやらなきゃ損かも!働く女性にピッタリな「オイシイ副業」4つ

安価でヘルシーな美容食!働く女性の強い味方「おからレシピ」2つ

これなら手軽!仕事で気乗りしないとき「やる気を引き出す」速攻テク5つ

これでグチャグチャ収納を回避!通勤バッグの「カンタンすっきり」整理術

化粧ポーチに全部入る!働き女子の乾燥を防ぐ4つの必携アイテムとは

 

【参考】

制作ガイドライン ‐ LINEクリエイターズマーケット

ピックアップ記事一覧