「いつかは転職!」と考えている働き女子がすぐに始めておくべきこと3つ

by

仕事

ビジネススキル, 転職, 面接

「いつかは転職!」と考えている働き女子がすぐに始めておくべきこと3つ2月3日は節分。暦の上では冬ももう終わりだ。

春がくれば何か新しいことを始めたくなる、というのは筆者だけではないだろう。新年の抱負に「今年こそは転職をしたい」と書いた人もいるだろうが、今すぐ転職を考えていないあなたでも、今すぐすべきことがある。

今回は、採用担当として延べ5,000人以上の面接をし、自らも転職活動経験がある筆者が、“人生をステップアップさせる転職”をするために、早めにやっておくべきことを3つご紹介したい。

 

■1:「やってきたこと」と「できること」を書きだす

いわゆる“職務経歴書”というものだが、面接官が見たい情報は、「この人はどんな仕事をしてきたのか」「どんな成果をあげた人なのか」ということ。「大したことはしてきていない……」と自分を過小評価している人でも、よく振り返ってみれば必ず書けることがあるはずだ。

まずは新卒で入社した自分にさかのぼり、どんな経緯で今に至ったのかを思い出してみよう。思い出す作業の際はメモを片手に、やってきたこと、出した成果、大変だったこと、充実感を味わったことなど、頭をよぎる記憶を簡単にメモしておこう。それを最終的に、“職務経歴書”として仕上げるのだ。

 

■2:「今すぐ転職をするわけではない」という人も、人材紹介会社に登録する

転職経験のある人ならご存知の方も多いだろうが、転職とは新卒の時のように、こちらから働きたい会社を探してコンタクトを取るという方法以外にも、「人材紹介会社に条件に合う会社を紹介してもらう」という方法がある。結婚でいうと“お見合い”にあたるもので、まさに“結婚相談所”のような役割をするのが人材紹介会社だ。

会社によっては自分がこれからどうして行きたいのか、どのように職務経歴書をかけばよいのかというような、悩み相談にものってくれるところもある。また、より多くの情報を得るためにも、数社同時に登録しておくことをおすすめする。

転職は結婚と同じで“ご縁”のようなもの。今すぐではなく、将来的に転職を希望している人でも、まずは登録・相談し、いつチャンスが現れても逃さずつかみとる準備をしておこう。

 

■3:今後の人生設計をしておく

転職は人生設計の中で重要なポジションを占める。まずは自分がどういった人生を歩みたいのかを考えておくと、より良い人生設計ができることだろう。

グローバル化が進む昨今、「一度ぐらいは海外で働いてみたい」という人もいるかもしれない。例えば海外で働きたいという気持ちが固まった人ならば、英会話力をブラッシュアップしたり、英語の履歴書を書き始めるという準備が必要になるかもしれない。

また、「専門職について結婚・出産しても仕事を続けたい」というビジョンを描いた人なら、専門的な知識や資格を得るべく、転職活動前から学び始める必要があるだろう。

 

以上、“いつかは転職”と考えているなら、早めにやっておくべきことを3つご紹介したが、いかがだろうか?

転職とは自分の人生を振り返るとてもよい機会となりえる。何となく応募して面接をして……と考えているのではもったいない。仕事を新しくするというだけではなく、人生をより楽しむための機会ととらえ、積極的にこれら3つのアクションを行っていただきたい。

 

【関連記事】

※ 有利になるのはこんな人!「働き女子の環境」2015年トレンド予測

※ 成功者に聞く!働き女子が「年収1千万円を実現する」ために心すべきこと

※ 面接前にチェック!話す前から「不合格」にならないための4つのポイント

※ バレたら気まずい!会社に内緒で「転職活動」する時の注意点3つ

※ 転職すべきorやめとく? 悩んでいるアナタが確認すべきチェック項目5つ

 

【画像】

※ markus spiske

ピックアップ記事一覧