知らなかった!? 「ペットボトル茶」が本当のお茶とは別物な理由

by

美容・健康

ダイエット, 病気, 節約

知らなかった! 「ペットボトル茶」が本当のお茶とは別物な理由通勤途中や仕事中の飲み物として、ペットボトル入りのお茶を愛飲している方は少なくないだろう。駅の売店やコンビニなど喉が渇いたときに手軽に買える上に、カロリーも低いので、美容や健康のためにと、あえてチョイスしている方もいらっしゃるかもしれない。

しかし、ペットボトルのお茶がどのように作られているのか、何が含まれているのかを詳しく知っているという方は、そう多くないのではないだろうか?

食料ジャーナリストである手島奈緒氏の著書『まだまだあった! 知らずに食べている体を壊す食品』(アスコム)によれば、これらのお茶は本来のお茶とは似て非なるものなのだという。今回は同書をひもときつつ、ペットボトル茶に含まれる成分のホントのところについて、お伝えしよう。

 

■ペットボトル茶に注入されているあるモノとは?

同書によれば、ペットボトルのお茶350mlに使われている茶葉は2gで、これは急須でいれるお茶に使う茶葉と比較して、相当に少ないものなのだそうだ。

そして空気中の酸素による退色や変色を防ぐ為に、加工の段階でアスコルビン酸などの酸化防止剤が使われるのだが、一括表示では“ビタミンC”と表記している場合があるという。

このビタミンCは、当然ながら美容や健康のために注入されているものではなく、お茶の酸化防止目的に使われているもので、ほとんどのペットボトルに表記されているのだ。

 

■“玉露だから美味しい”は思い込み!?

さらにこのビタミンCを添加していることによってお茶の風味が損なわれてしまうことから、市販のペットボトル茶はその味をマスキングするために、原料茶に強い火入れを行い、香ばしさを出しながら味を調えているので、本来のお茶とは似て非なるものになっていると手島氏は指摘する。

また、主原料である安価な茶葉に、玉露などの高級茶をほんの少し加えれば、商品には“玉露入り”と表記することができてしまうそうなので、この点も気をつけたほうがいいといえるだろう。

ただ、ペットボトル茶もそれなりに美味しいと多くの人が感じるだろう。その点に関しては手島氏も

<安い原料茶に添加物が入っているものをそこそこの味に仕上げるのですから、まさに職人技と言えます>

と述べている。

 

以上、私たちの身近な飲み物である“ペットボトル茶”のホントのところについてお伝えしたが、いかがだろうか?

手島氏によれば、本来のお茶は保存料が入っていないので、早めに飲み切ることが重要だそうだ。つまり、ペットボトル茶のように長期に保存できるものは、添加物によって自然なお茶の状態ではなくなっていると思っておいていいだろう。

美容や健康のために通勤や仕事中の飲み物をペットボトル茶にしていた方は、自分でお茶を作って持参したほうが、本当の意味で健康的だといえるのではないだろうか。

たとえば出勤前の朝、容器にお茶の葉と水を入れて会社に持参すれば、到着する頃には水出し煎茶が出来上がり。会社に到着後は、冷蔵庫で保管するといいだろう。手軽に作れるこの水出し煎茶は、雑味のないお茶の味を楽しめると、手島氏も著書の中で薦めている。

習慣にしてしまえばペットボトル茶を買わずにすみ、大きな節約にもなる。ぜひ、試してみてほしい。

 

【関連記事】

※ 効果ありまくり!「コーヒーブレイク」が働き女子に適している3つの理由

※ 肉食働き女子は要注意!「疲れたから焼肉食べよ」の意外な落とし穴とは

※ 熱があるけど会社に行かなきゃ…っていうとき助けになる4つの食品とは

※ 飲み過ぎて出社がツライ朝!食べれば「二日酔いを和らげる」食品9つ

※ 働き女子のおやつはコレで!能率アップと美容効果が期待できる食品7つ

 

【参考】

手島奈緒(2014)『まだまだあった! 知らずに食べている体を壊す食品』(アスコム)

ピックアップ記事一覧